メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

E シリーズの同期ミラーリングで初期同期プロセスを完了するのに時間がかかるのはなぜですか。

Views:
25
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
e-series-santricity-os-controller-software
Specialty:
esg
Last Updated:

に適用されます

  • E シリーズ SANtricity OS 
  • 同期リモートボリュームミラーリング機能

回答

重要な環境やアプリケーションでデータアクセスの応答時間に影響を与えないようにするため、デフォルトでは、同期の優先度が中レベルに設定された同期ミラーペアがすべて作成されます。ただし、新しいペアを作成するときに、バックグラウンドでの初期データ転送中に初期同期が「遅延時間」に直接マッピングされている限り、初期同期は非常に長くなります。

SANtricity Storage Manager での同期優先度の変更
16_16_13(1).png のスクリーンショット 2019-05-01

: SANtricity System Manager ( SAM )での同期優先度の変更:
16_21_11.png のスクリーンショット 2019-05-01

追加情報

『 Best Practices and Feature Deployment Guide[1] 』は、 Field Portal の TR-4656 にあります。 

 

Scan to view the article on your device