メインコンテンツまでスキップ

リモート LIF トラフィック用の clustered Data ONTAP を搭載した FAS25xx では、プロトコルレイテンシが高くなります

のしんだ

に適用されます

  • clustered Data ONTAP 8.3
  • FAS2000シリーズ
  • FAS2552 – R6
  • clustered Data ONTAP 8.3 RC1
  • FCP 、 iSCSI 、 NFS 、 CIFS の各機能をサポートしています

問題

FAS25xx シリーズおよび clustered Data ONTAP 上の clustered ONTAP でホストされているデータにアクセスしているときに、プロトコルのレイテンシが高いことがユーザから報告されました。

システムには、クラスタ間ポートに使用される QLogic NIC カードがあります。

ASUPS では、次のよう
NwkThd_02: Nblade.dBladeNoResponse:warning]: Gave up retrying a file operation due to no response from the specified node. UUID of the node where data is located is fa000834-a355-11e4-87bc-5f5978ef59aa; the protocol for the operation is NFS.

な EMS ログが報告されることがあります。次のようなエラーメッセージも報告されることがあります。
[Nblade.JunctionRootLookup2:warning] Junction root lookup of a volume in Vserver 5 with MSID 2147484692 has failed for reason "CSM_TIMEOUT"

[Nblade.CifsOperationTimedOut:error] Detected a timed out CIFS operation. SMB command code for this operation: 5 Number of times this command was suspended: 2 Number of times this command was restarted: 0 Last CSM error during this operation: CSM_TIMEOUT Last SpinNp error during this operation: SPINNP_NO_FO_ERROR Client IP address: xxx.xxx.xxx.xxx Local IP address: xxx.xxx.xxx.xxx Target Vserver ID: 5 Target disk's DSID: 0

 

CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support