メインコンテンツまでスキップ

NetApp_Insight_2020.png 

SAS PHY エラーカウントをリセットする方法

Views:
7
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
fas-systems
Specialty:
hw
Last Updated:

に適用されます

すべての FAS と AFF 

説明

過度の PHY 数の変更によって 1 つ以上の PHY レーンが無効になり、基盤となる問題が解決した場合は、 SAS PHY レーンをオンラインに戻すために、アダプタまたはシェルフモジュールの PHY 変更カウントをリセットする必要があります。

過度の PHY カウントの変更によって PHY レーンが無効になった場合、アダプタのオフライン / オンライン / リセット、シェルフモジュールの取り付け直し、または物理ケーブルやモジュールの交換では、 PHY レーンがオンラインに戻りません。この理由は、 PHY 変更カウンタがこれらのイベントを通じて保持されるため、レーンはオフラインのままになるか、 PHY 変更カウンタが読み取られるとすぐにオフラインになるためです。

 

CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support