メインコンテンツまでスキップ

NetApp_Insight_2020.png 

NFS v3/v4.0 の主要な SLES の問題 / 回避策 / ベストプラクティス

Views:
9
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
data-ontap-7
Specialty:
nfs
Last Updated:

に適用されます

  • NetApp FAS コントローラ
  • Data ONTAP 7-Mode
  • clustered Data ONTAP

回答

この記事では、 Data ONTAP 7-Mode または clustered Data ONTAP を実行する NetApp FAS コントローラと併用する場合の、 SLES クライアントの主な既知の問題、回避策、およびベストプラクティスについて説明します。

問題 1

SLES 11 SP1/SP2/SP3 : NFS V3/.0 :アプリケーションは、ストレージフェイルオーバー中に EIO を報告します。

説明:ストレージのフェイルオーバー時に、 NFS V3/v4.0 アプリケーションが実行さtcpれていると、次のエラーを報告するエラーが発生する可能性があります。

'    error no. 5 (EIO)    '

'    error no. 13 (Permission denied)    '

'    error no. 2 (No such file or directory)    '

問題 2

SLES 11 SP1/SP2 : NFS v4.0 : NFS v4 マウントのファイル所有権が不適切であるため、自動マウントされたファイルが使用できなくなります。

対処方法
  • /etc/idmapd.confファイル内のドメインが NFS サーバ上/etc/init.d/nfs の NFS オプション「 -v4-id-domain 」のドメイン設定と一致していることを確認し、 NFS v4.0 でマウントする際に正しいユーザをマッピングするためにクライアント上で再起動します。
  • Novell からの参照用のバグリンク[1]は、ここにあります。
ベストプラクティス:

[2]『 clustered Data ONTAP NFS Best Practice and Implementation Guide 』の TR-4067 を参照してください。

追加情報

AdditionalInformation_Text