メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

CF_hwassist の missedKeepAlive タイムアウトと許容期間

Views:
80
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
fas-systems
Specialty:
hw
Last Updated:

に適用されます

  • NetApp AFF / FAS システム
  • Data ONTAP 8 7-Mode
  • clustered Data ONTAP 8
  • clustered Data ONTAP 9

回答

cf_hwassist_missedKeepAlive hw-assistan パケットが送信されてから 60 秒後に、インシデントが EMS に記録されます。

hw-assisted パケットの場合、 UDP によって 180 秒ごとに送信されるため、パケットが送信され、受信されていない場合、パケットの再送信は行われません。UDP パケットがドロップ、ブロック、ウェッジ、リダイレクトなどされ、ノードが受信されない場合は、次のパケットが送信されるまで 180 秒待ちます。

cf_hwassist_recvKeepAliveそのため、 120 秒以内cf_hwassist_missedKeepAliveにイベントが表示されている場合は、無視しても問題ありません。

追加情報

cf_hwassist_missedKeepAlive原因としては、 hwasssit が設定され、 e0M の IP およびポート(デフォルトは 4444 )で送信され、これが顧客のネットワーク環境を経由するため、このタイプの障害のほとんどすべてのインスタンスが、ネットワークのパケット破棄により発生しています。

 

Scan to view the article on your device