メインコンテンツまでスキップ

将来的に備えて、 CN1610 / CN1601 スイッチで FastPath ファームウェアをステージングする方法 アクティブ化

Views:
18
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
fabric-interconnect-and-management-switches
Specialty:
hw
Last Updated:

に適用されます

  • CN1610 クラスタスイッチ
  • CN1601 クラスタ管理スイッチ

説明

この資料で [1] は、後でアクティブ化するために、 FastPath クラスタスイッチファームウェアの異なるバージョンを無停止でインストール(「事前ステージング」)する方法について説明します。

CN1610 や CN1601 のファームウェア アップグレードの最も困難な部分は、多くの場合、環境内で稼働している TFTP サーバを見つけることにあります。ファームウェアを事前にステージング[2] することで、時間が経過したときに新しいファームウェアのアクティブ化に集中できます。また、 TFTP サーバまたはネットワークのトラブルシューティング時に、メンテナンス期間中に貴重な時間を無駄にすることもありません。

この KB は、通常のスイッチアップグレード手順の一部を変更したものであるため、スタンドアロンスイッチのアップグレードガイド全体とはみなされません。[3]クラスタスイッチ のファームウェアをアップグレードするときは、アップグレード手順の詳細を必ずこの KB と併せて参照してください。

 

Scan to view the article on your device
CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support