メインコンテンツまでスキップ

将来的に備えて、 CN1610 / CN1601 スイッチで FastPath ファームウェアをステージングする方法 アクティブ化

Views:
18
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
fabric-interconnect-and-management-switches
Specialty:
hw
Last Updated:

に適用されます

  • CN1610 クラスタスイッチ
  • CN1601 クラスタ管理スイッチ

説明

この資料で [1] は、後でアクティブ化するために、 FastPath クラスタスイッチファームウェアの異なるバージョンを無停止でインストール(「事前ステージング」)する方法について説明します。

CN1610 や CN1601 のファームウェア アップグレードの最も困難な部分は、多くの場合、環境内で稼働している TFTP サーバを見つけることにあります。ファームウェアを事前にステージング[2] することで、時間が経過したときに新しいファームウェアのアクティブ化に集中できます。また、 TFTP サーバまたはネットワークのトラブルシューティング時に、メンテナンス期間中に貴重な時間を無駄にすることもありません。

この KB は、通常のスイッチアップグレード手順の一部を変更したものであるため、スタンドアロンスイッチのアップグレードガイド全体とはみなされません。[3]クラスタスイッチ のファームウェアをアップグレードするときは、アップグレード手順の詳細を必ずこの KB と併せて参照してください。

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

Scan to view the article on your device