メインコンテンツまでスキップ

StorageGRID ノードのルートパーティション上にある大容量ファイルを特定する方法

Views:
3
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
storagegrid
Specialty:
sgrid
Last Updated:

環境

StorageGRID

説明

現在の StorageGRID 実装は、 Novell SLES オペレーティングシステム上で実行されます。この設計理念/では、ルートパーティション()を比較的静的なコンテンツ(オペレーティングシステム、構成ファイル、 StorageGRID ソフトウェア)に割り当てます。ストレージ要件は常に一定であるため、 StorageGRID サーバは、これまでルートパーティションに割り当てられた最小限のスペースでインストールされてきました。揮発性コンテンツの大部分は、大規模な専用ファイルシステムに配置されます。 /var/local/ たとえば、パーティションにはほぼすべてのログが含まれており、通常はメンテナンス時やサポート時に一時ファイルを格納するために使用されます。
 
古いサーバ(特に古いグリッド)では、ルートパーティション専用に 5GB しか割り当てられないことが一般的です。通常、ハードウェアの更新ではルートファイルシステムが大きくなります。
 
次の 3 つの一般的なシナリオは、ルートパーティションの空き領域を減らすことができます。

  • サードパーティ製ソフトウェア(通常はハードウェアベンダーから提供さ/var/localれます)がインストールされ、デフォルトでは / 以外のディレクトリにログインします。これ/var/logは、多くの場合、ディレクトリまたはそのサブフォルダの 1 つです。
  • 通常とは異なる問題がユーザによって使用されており、通常のログが増加し始めています。
  • 一時ファイルは、間違ったファイルシステムに配置されます。これ/root/ homeは、 login 時のデフォルトディレクトリがディレクトリであるため、簡単に実行できます。/tmpディレクトリは、不要なデータや必要なデータを格納する場所になる場合があります。データ/var/local/tmp/tmpを削除するか、ディレクトリからディレクトリにデータをコピーしてください。

NTP ログファイルは、通常は省略されているルートパーティションをいっぱいにすることができます。NTP サービス /var/lib/ntp/var/log/ntpstatsに通信の問題があるか、または通信の問題があった場合、ディレクトリはすべての StorageGRID バージョンの NTP ログの共通の場所であり、ルートパーティションがいっぱいになります。/tmpこの NTP ディレクトリとディレクトリは、ルートパーティションがいっぱいになる一般的な理由です。NTP サービスに通信問題がある/var/lib/ntp/var/log/ntpstats 場合、すべての StorageGRID バージョンの NTP ログの共通の場所であるディレクトリが、まもなく約 100MB 以下のログでいっぱいになります。

これまで、前述の理由は、ルートパーティション( StorageGRID 上)がいっぱいになる 2 つの主な理由です。
 
ルートパーティションの空きスペースがすべて不足すると、サーバが正常に機能しなくなり、原因ファイルが破損する可能性があります。これにより、ノードがリカバリ不能な状態になる可能性があります。オペレーティングシステムの整合性を維持するには、ルートファイルシステムのスペース不足アラームにただちに対処することが重要です。
 
この文書では、 Linux 環境で大容量ファイルを識別するために実行する手順について説明します。これらの大容量ファイル/var/local/tmpを特定したら、ファイルを別のファイルシステム(ディレクトリなど)に安全に移動できるか、ディスクからパージする必要がないかを判断できます。
 
ルートパーティションのスペースに関する問題は解決することを目的/var/local/としていますが、この原則はなどの他のファイルシステムにも適用できます。

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

Scan to view the article on your device

 

  • この記事は役に立ちましたか?