メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

個々のマシンの Samba ログレベル、ログファイルサイズ、およびレベルを増やす方法

Views:
124
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
storagegrid
Specialty:
sgrid
Last Updated:

のとう

のとう

に適用されます

SGRID

説明

CIFS 共有に接続されているエンドユーザには、共有の認証または接続に関する問題が発生する場合があります。ユーザ / コンピュータごとにデバッグレベルを上げると、 Samba ログのデフォルトのログレベルでは明らかにならない可能性のある問題を特定できます。

この資料では、キャプチャされた詳細レベルやログファイルサイズなど、 Samba 関連のログレベルを増やす手順について説明します。調査対象のマシンのみにログの増加を制限することで、リソースの使用率を最小限に抑えることができます(ログレベルが高いほど、 I/O と CPU の負荷が大きくなります)。 ここでは、昇格されたログを個々のクライアントマシンに記録する手順について説明します。

 

Scan to view the article on your device
CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support