メインコンテンツまでスキップ

個々のマシンの Samba ログレベル、ログファイルサイズ、およびレベルを増やす方法

Views:
136
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
storagegrid
Specialty:
sgrid
Last Updated:

のとう

のとう

に適用されます

SGRID

説明

CIFS 共有に接続されているエンドユーザには、共有の認証または接続に関する問題が発生する場合があります。ユーザ / コンピュータごとにデバッグレベルを上げると、 Samba ログのデフォルトのログレベルでは明らかにならない可能性のある問題を特定できます。

この資料では、キャプチャされた詳細レベルやログファイルサイズなど、 Samba 関連のログレベルを増やす手順について説明します。調査対象のマシンのみにログの増加を制限することで、リソースの使用率を最小限に抑えることができます(ログレベルが高いほど、 I/O と CPU の負荷が大きくなります)。 ここでは、昇格されたログを個々のクライアントマシンに記録する手順について説明します。

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

Scan to view the article on your device