メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

StorageGRID メンテナンスパッケージまたはホットフィックスリリースのインストール方法

Views:
18
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
storagegrid
Specialty:
sgrid
Last Updated:

に適用されます

StorageGRID

説明

この資料では、 StorageGRID メンテナンスパッケージまたはホットフィックスのインストール手順について説明します。

注意load_cds.py「」スクリプトを使用してメンテナンスパッケージまたはホットフィックス CD イメージ( ISO )をインストールすることはできません。インストールは失敗し、スクリプトは例外をスローします。

警告:アップデートの影響install-updateを受けるサービスが実行されている場合は、アップデートが開始される前にサービスが停止し、アップデートが完了した後に再起動します。アップデートの影響を受けるサービスがサーバマネージャに表示される「エラー」状態の場合は、アップデートを実行する前にサービスを手動で停止し、アップデートの完了後に手動で再起動します。

サービスを停止すると、次のような影響があります。

  • NMS サービスを再起動すると、 Web ベースの NMS 管理インターフェイスを使用してグリッドを監視する機能が一時的に中断されます。
  • FSG または CLB を再起動すると、クライアントアクセスが中断されます。そのため、お客様と相談しながら、必要に応じてダウンタイムをスケジュールしてください。FSG の場合は、「ゲートウェイノードの更新の必要性」の手順に従って操作への影響を最小限に抑えます。

前提条件:メンテナンスパッケージまたはホットフィックスが必要な StorageGRID サーバへのローカルまたはリモートアクセス。

Scan to view the article on your device
CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support