メインコンテンツまでスキップ

StorageGRID Webscale と AltaVault を統合するための読み取りパフォーマンスの回避策を提供する方法

Views:
22
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
storagegrid-webscale
Specialty:
sgrid
Last Updated:

のとう

のとう

に適用されます

  • StorageGRID Webscale
  • NetApp クラウドバックアップ( AltaVault )

説明

概要:
このドキュメントの目的は、 StorageGRID Webscale ( SGWS )システムを AltaVault システムに統合する際のパフォーマンスの問題を解決するための回避策を提供することです。詳細については、「問題」セクションを参照してください。
 
このマニュアルの対象読者は、 Network Management System ( NMS ) Web アプリケーションを使用して SGWS グリッドを設定する方法について十分な知識を持っていることが前提です。また、対象者は、 SGWS システムでの情報ライフサイクル管理( ILM )の仕組みについて基本的に理解している必要があります。ILM の詳細については ' 次の情報ライフサイクル管理

に関する注意事項を参照してください

  • この回避策は、 SGWS 10.1.x および 10.2.x にのみ適用されます。SGWS システムをバージョン 10.3.0 以降にアップグレードした場合は、この回避策は必要ありません。
  • この回避策は、バージョン 10.3.0 以降の SGWS システムでは必要ありません。
  • この回避策は、進行中のグリッド操作には影響しません。メンテナンスのダウンタイムはオプションです。
 


AltaVault バックアップワークフローの一部としての問題でstats.datrbt_oids.datあり、 Cloud Storage ( SGWS )に対して 1 日に複数回上書きされています。上書きの回数は、 AltaVault から SGWS へのデータレプリケーションレートに応じて、 1 日に数百回から数万回になります。これにより、これらのファイルの読み取り遅延が増加します。
 
詳細については、 StorageGRID Webscale の問題 25130 を参照してください。

回避策について説明しました
 

この問題を回避するstats.datrbt_oids.datには、ファイルが上書きされたときにファイルとファイルを削除しないように ILM ルールを追加します。したがって、グリッドがバージョン 10.3.2 にアップグレードされるまで、ファイルの古いコピーはすべてグリッドに保存されます。以降が必要です。システムをバージョン 10.4 にアップグレードすると、消費されたストレージは時間の経過とともに自動的に再利用されます


一般的なサイズは次のとおりです。
  • stats.dat ファイルは 1032 バイトです
  • rbt_oids.dat ファイルは 64 バイトです  

各ファイルサイズはブロックサイズの 4096 バイトより小さいため、ファイルごとに消費される最小スペースは 4096 バイトです。
 

次の式を使用して、両方のファイルの使用済みストレージ容量を月ごとに推定します。使用済みストレージ容量 =
2 オブジェクト x 4096 バイト / オブジェクト
x (オブジェクトあたりの ILM コピー数) x ( 1 日あたりの上書き数)
x 30 日

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

Scan to view the article on your device