メインコンテンツまでスキップ
Effective December 3 - NetApp adopts Microsoft’s Business-to-Customer (B2C) identity management to simplify and provide secure access to NetApp resources. For accounts that did not pre-register (prior to Dec 3) access to your NetApp data may take up to 1 hour as your legacy NSS ID is synchronized to the new B2C identity. To learn more, Read the FAQ and Watch the video.

StorageGRID NAS ブリッジ関連の問題のトラブルシューティング方法

Views:
18
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
storagegrid-webscale
Specialty:
sgrid
Last Updated:

のとう

のとう

に適用されます

StorageGRID Webscale 

説明

この文書の目的は、 StorageGRID NAS ブリッジの問題とセットアップの問題をトラブルシューティングするために必要な基本的な手順を提供することです。

: StorageGRID NAS ブリッジは、バージョン 11.2 以降のリリースでのみ FPVR で使用できます。ご使用の環境でこの機能が必要な場合は、アカウントチームにお問い合わせください。

定義: StorageGRID NAS ブリッジは、 StorageGRID でファイルベースのワークロードを実行できる仮想アプライアンスです。

NAS ブリッジストレージ環境: StorageGRID NAS ブリッジ環境には、 NFS クライアントと SMB クライアント、 NAS ブリッジノード( NAS ブリッジ仮想アプライアンス)、 StorageGRID オブジェクトストレージシステム、 DNS サーバと NTP サーバ、外部の Active Directory または ID フェデレーションなど、さまざまな固有のコンポーネントがあります。  これらはそれぞれ環境での役割を果たしますが、ネットアップではサポートされていないものもあります。

 

 

CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support