メインコンテンツまでスキップ
NetApp adopts Microsoft’s Business-to-Customer (B2C) Identity Management
Effective December 3 - NetApp adopts Microsoft’s Business-to-Customer (B2C) identity management to simplify and provide secure access to NetApp resources. For accounts that did not pre-register (prior to Dec 3) access to your NetApp data may take up to 1 hour as your legacy NSS ID is synchronized to the new B2C identity. To learn more, Read the FAQ and Watch the video. Need assistance? Complete this form and select “Registration Issue” as the Feedback Category. 

Elasticsearch に送信される JSON ファイルにオブジェクトのタイムスタンプを含めるように設定する方法はありますか。

Views:
14
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
storagegrid
Specialty:
sgrid
Last Updated:

に適用されます

NetApp StorageGrid

回答

いいえ。クライアント側のユーザメタデータまたはタグにこの処理を含める必要があります。

追加情報

ユーザ指定のメタデータ x-amz-meta-* (取り込み時)は Elasticsearch に渡され、 HTTP ヘッダーのタグを使用して指定されます。

JSON ファイルを使用して Elasticsearch に送信されるデータはハードコード化されます。

詳細については、メタデータ通知に含まれるオブジェクトメタデータを参照してください