メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

S3 が LTM (最終アクセス時間)に対応したバケットをオンにすると、メモリが使い果たされ、 StorageGRID ノードがクラッシュする可能性があります

Views:
25
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
storagegrid
Specialty:
sgrid
Last Updated:

に適用されます

  • StorageGRID 11.2.0.3 以前
  • StorageGRID 11.1.1.9 以前

説明

バケットの最終アクセス時間( LTM )が有効になっている場合にのみ、この記事が役立つことがあります。

bucket_settings.png

状況
  • S3 クライアント側のパフォーマンスが低下しています
  • ストレージノードのメモリが不足しています
  • ストレージノードがクラッシュする可能性がある(青色の状態)
  • ストレージノードの LDR サービスがクラッシュする可能性がある(ブルーの状態)
  • ストレージノードの CPU 使用率が高い
  • 「最悪のケースブロッキング( MSBX )」が 100 秒を超えている
    • GMI -> ストレージノード -> LDR -> リソース

 

原因

LTM がバケットに対して有効になっている場合

  • S3 要求は、 OBDR が破棄されたときにすべてのオブジェクトセグメントを ILM にプッシュしようとします
  • PushWithsegments は、セグメント UUID メタデータを検索して、セグメントを ILM キューに入れます
  • ADE カーネルは OBDR が停止したと判断するため、 C* の動作応答は配信されず、 OBDR は終了しません

 

Scan to view the article on your device
CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support