メインコンテンツまでスキップ

NetApp wins prestigious Coveo Relevance Pinnacle Award. Learn more!

INSIGHT Japan :2023年 1月25日(水)ANAインターコンチネンタルホテル開催 へ参加・申込を行う

StorageGRID 11.4 から 11.5 への Cassandra のアップグレードまたは新機能は何ですか。

Views:
5
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
storagegrid
Specialty:
esg
Last Updated:

環境

  • StorageGRID 11.5
  • DataStax Enterprise ( DSE )

回答

  • DSE Cassandra 5.1.14 を 5.1.22 に更新
    • これにより、メモリリークやその他の時々発生するバグが修正されます。
  • 新しい Cassandra 診断が Support Diagnostics に追加されました。 
    • Cassandra Graafana のページが改訂されて情報が改善され、より明確に表示されるようになりました。
  • 新しい自動コンパクタモジュールが開発されました。
    • 20% を超える空き容量を再利用でき、十分にアイドル状態にあるシステムが検出されると、自動的にメジャー・コンハクシヨンが開始されます。
    • これにより、キュータイプのワークロードでメタデータの負荷が最大 4 倍に削減されます。
  • ヒント(ダウンノードに送信されるデータ)は、以前は 3 時間保存されてから破棄されます。
    • 次に、 StorageGRID では、 rangedb0 のディスクスペースがフルになるまで LUN が格納されます。
    • つまり、ノードが停止したあとの不整合処理は、数週間ではなく分単位で測定されます。
  • Cassandra のリーパは、修復速度と信頼性を向上させるためにさまざまな改良を行っています。
  • Cassandra はメモリがほとんどなくなった場合は自動的に再起動されます。
    • これにより、 Java プロセスを 1 分間実行する「ガベージコレクションスパイラル」が発生しなくなり、ガベージコレクションのほぼすべての時間を費やしてしまいます。
    • すぐにリセットされ、クラスタに戻ります。

追加情報

 

Scan to view the article on your device