メインコンテンツまでスキップ

「スペアディスクの数が少ない」正常性チェックでは、どのようなスペアリング基準が使用されますか。

Views:
127
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
disk-drives
Specialty:
hw
Last Updated:

環境

  • すべての FAS システム
  • すべての AFF システム

回答

チェックで使用されるドライブスペアリング基準は次のとおりです。

  • ドライブは、 RAID グループ / アグリゲートに混在させることができる複数のドライブタイプで構成され、ドライブタイプごとにスペアとして使用されます。
  • raid.disktype.enable オプション offのデフォルト値はで、ディスクタイプを混在させることができます。つまり、次のディスクタイプは、アグリゲートの作成、アグリゲートへの追加、およびスペアの管理を行う目的において同じタイプとみなされます。
  • BSAS 、 SATA 、および ATA
  • FCALおよびSAS
    • グループ | [FCAL 、 SAS]| を選択し、オプション raid.disktype.enable off またはを指定します raid.mix.hdd.disktype.performance on
    • グループ | [ATA 、 BSAS 、 SATA 、 FSAS ]| ( raid.disktype.enable off オプションまたはを使用) raid.mix.hdd.disktype.capacity on
  • オプションを指定 raid.disktype.enable onraid.mix.hdd.disktype off するか、またはサポートされているドライブタイプの混在を無効にします。
    • group | FCAL | を指定し、 raid.disktype.enable on オプションまたはを指定します raid.mix.hdd.disktype.performance off
    • オプション raid.disktype.enable on またはを指定して、 |SAS| をグループ化します raid.mix.hdd.disktype.performance off
    • group | ata | オプション raid.disktype.enable on またはを使用します raid.mix.hdd.disktype.capacity off
    • Group (グループ) | SATA ( SATA ) | (オプション raid.disktype.enable on または) raid.mix.hdd.disktype.capacity off
  • 右のグループ内のより大容量のドライブを、小容量のドライブのスペアとして使用できます。
  • チェックで使用されるスペアリング要件は次のとおりです。
各グループのノードあたりのドライブ数  ノードごとに必要なスペア数
1 ~ 100 1
101-400 2
401-600 3
601+ 4
  • SSD の要件は次のとおりです。 1 本のフルスペア SSD または 1 本のスペアパーティションを、そのノードで使用する各パーティションに割り当てる

 

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.