メインコンテンツまでスキップ

圧縮形式が異なるボリューム間で SnapMirror の Storage Efficiency を有効にする方法

Views:
271
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
snapmirror
Specialty:
dp
Last Updated:

環境

  • ONTAP 9.3以降
  • SnapMirror
  • SnapVault
  • Storage Efficiency
  • Storage Efficiencyを使用した論理レプリケーション(LRSE)

説明

  • SnapMirror Type-XDPでは  、 デスティネーションボリュームでの他の圧縮機能がすべて無効になっている場合にのみ、ソースボリュームのストレージ効率が維持されます。
  • SnapMirrorデスティネーションで圧縮が有効になっている場合、ソース側でのStorage Efficiencyによる削減効果はネットワーク上では保持されません。
  • ONTAP 9.3以降でSnapMirrorデスティネーションで圧縮を無効にすると、以降のSnapMirror転送でストレージ効率に優れた転送に自動的に切り替わります。ただし、ソースとデスティネーションの間で圧縮形式が同じ(アダプティブまたは 二次)場合に限ります。
  • 圧縮形式が異なる場合(ソースでアダプティブ圧縮を使用し、デスティネーションで二次圧縮を使用する場合など)、デスティネーションで圧縮を無効にするとストレージ効率に優れた転送ができないため、関係のベースラインを再設定する必要があります。
  • 詳細については、 SnapMirrorのStorage Efficiencyの設定と動作を参照してください
  • このKBでは、このシナリオで長時間のベースライン再設定を回避する手順について説明します。
  • この手順にはONTAP 9.3以降が必要です。
 

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.
Scan to view the article on your device