メインコンテンツまでスキップ

ONTAPからの古い(外部アグリゲート)の削除-解決ガイド

Views:
4
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
hw
Last Updated:

環境

  • ONTAP 9
  • 外部アグリゲート
    • レイド・アシム・ツリー外部
  • 古いアグリゲート
  • 孤立したアグリゲート

説明

ディスクがノードに導入され、それらのディスクが別のシステムから提供されたもので、適切に 所有 または 初期化されていない場合、ディスクは元のノードが所有していると報告され、現在のノードからはアクセスできなくなります。

  • これは、RAIDツリーオブジェクトにローカルシステムとは異なる所有権識別子が含まれている場合に発生します。
    • この場合、アグリゲートは宣言され "foreign"、オフラインとマークされます。
    • ボリュームはクラスタレベルでは表示されず、ノードレベルで表示されます。
ケンショウホウホウ
  1. 次のコマンドを実行して、外部としてフラグが設定されたアグリゲートを含むノードを特定します。
    関連するアグリゲートには、 foreignというラベルが付けられます。
    ::> node run -node * sysconfig -r

Aggregate aggr0 (offline, raid_dp, foreign, degraded) (block checksums)
  Plex /aggr0/plex0 (online, normal, active, pool0)
    RAID group /aggr0/plex0/rg0 (double degraded, block checksums)

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.