メインコンテンツまでスキップ

同じ Trident で作成された PVC を複数の Kubernetes クラスタに接続する方法

Views:
2
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
trident-kubernetes
Specialty:
snapx
Last Updated:

環境

  • Astra Trident
  • Kubernetes ( Kubernetes )
    • 永続的ボリューム( PV )
    • 永続ボリューム要求( PVC )

説明

このプロセスは ' 複数の k8s クラスタに存在するポッド間で共有されている非構造化データへの継続的な Read/Write - 多( RWM )アクセスを可能にすることも ' アプリケーションの移行中も構造化されていないデータへのアクセスを維持したまま 'k8s クラスタ間でアプリケーションを段階的に移動することもできます

要件
  • Trident バックエンド定義で「 autoExportPolicy 」と「 autoExportCIDRs 」を使用しないでください。  バックエンド定義で、 k8s クラスタのワーカーノードを対象とする「 exportPolicy 」を使用し、このエクスポートポリシーリストの NFS クライアントを手動で管理します(またはサブネットレベルのエクスポートを使用します)。
  • Kubernetes クラスタ間でボリュームを共有するストレージクラスで「 reclaimPolicy : Retain 」を設定します。  つまり、 Kubernetes クラスタとストレージボリュームを削除する準備ができたら、それらを手動で削除する必要があります。  
  • Kubernetes クラスタ間でボリュームを共有するストレージクラスに対して、バックエンドで一意の「 storagePrefix 」を使用し、ストレージクラスをこのストレージクラスにマッピングすることを検討してください。  Kubernetes クラスタ間でボリュームを共有しない * 1 つの SVM を使用するバックエンドに対しても、同じ処理を実行することを検討してください。

 

Scan to view the article on your device
CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

 

  • この記事は役に立ちましたか?