メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

アップグレード後に Kubernetes を使用してボリュームアクセス情報を取得する方法 Trident から CSI バージョン

Views:
37
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
trident-kubernetes
Specialty:
cloud
Last Updated:

に適用されます

NetApp Trident - CSI バージョン 19.07 以降

説明

  • アップグレードされた Trident CSI バージョンのボリュームアクセス情報は kubectl get pv 、コマンドを使用して利用できなくなりました。 Trident は現在、アクセス情報を管理しています
  • Trident の旧バージョン( CSI 以外)のボリュームアクセスタグは、にあります PV (永続ボリューム)
  • ボリュームアクセス情報( CSI バージョン) Kubernetes tridentvolume ( tvol ) CRD コマンドを使用して収集できます

 

Scan to view the article on your device

 

  • この記事は役に立ちましたか?