メインコンテンツまでスキップ

DFM 、 OnCommand Unified Manager Core 、 Performance Advisor 、 Protection Manager 、 NetApp Management Console などの関係について教えてください。

Views:
39
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
oncommand-unified-manager-core-package
Specialty:
om
Last Updated:

に適用されます

  • DFM
  • OnCommand Unified Manager コア
  • Performance Advisor
  • Protection Manager
  • NetApp 管理コンソール( NMC )

回答

DataFabric Manager ( DFM )は、バッキングアプリケーションであり、 DB です。これは、 DFM 4.x および OnCommand Core Unified Manager ( OCUM )を使用した Operations Manager ( OM )に変更されました。

5.x の場合

複数のインターフェイスがあります。

  • CLI :主にトラブルシューティングに使用します。
     
  • Operations Manager (従来の WebUI )
    • レポート
    • バックアップ
    • リカバリ
       
  • OnCommand Console ( WebUI )
    • 新しいレポート
  • NetApp 管理コンソール( NMC )( Java クライアント)
    • Protection Manager ( 7-Mode のみ)—
      • バックアップ / リストア / ローカル Snapshot の管理に使用します
    • Performance Advisor ( 7-Mode のみ)
      • パフォーマンスを監視し、イベントのしきい値を設定するために使用します
    • Provisioning Manager ( 7-Mode のみ)
      • プライマリボリュームのプロビジョニングに使用されます。

 

OnCommand Unified Manager 6.x 以降( 9.6 以降の Active IQ Unified Manager )は、 5.x 以前のリリースとは独立しています。

OnCommand System Manager ( OCSM )は、上記のすべてから完全に独立したアプリケーションです。現在のデータを表示し、 Data ONTAP 7-Mode と clustered Data ONTAP の両方を管理するために使用されます。キャッシュ機能やアラート機能はありません。7-Mode システムには、スタンドアロンクライアントがあります。clustered Data ONTAP システムの場合、 System Manager はクラスタのオンボックスで実行されます。

追加情報

AdditionalInformation_Text