メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

RHEL または vApp インストールのコマンドラインを使用して、 OnCommand Unified Manager クラスタデータソースのクレデンシャルを編集するにはどうすればよいですか。

Views:
26
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
oncommand-unified-manager
Specialty:
om
Last Updated:

に適用されます

  • OnCommand Unified Manager 7.2+
  • OnCommand Unified Manager 7.3
  • OnCommand Unified Manager 9.4
  • OnCommand Unified Manager 9.5

回答

OnCommand Unified Manager OVA をインストールするには、まずコマンドラインに「 diag 」アクセスできる必要があります。「 How to Access the OnCommand Virtual Machine Diag Shell 」を参照してください。
 

  1.  オペレーティングシステム CLI で次のコマンドを使用して、 Unified Manager ユーザアカウントで UM アプリケーション CLI に認証します。
  • Linux および OVA のインストールでは、「 um cli login 」コマンドを実行するために root としてログインする必要がある場合があります。root としてログインするには、次のコマンドを使用します。
 sudo bash -login
  • 次のコマンドを使用して CLI にログインします。
 um cli login -u {USERNAME.EN_US} 
  1. クラスタデータソースのリストを印刷して、変更するエントリの ID を特定します。
 um datasource list
  1. 最後に、次のコマンドを使用してデータソースを変更し、新しいユーザ名、新しいパスワード、および前の出力のデータソース ID を指定します。
 um datasource modify -U {USERNAME.EN_US} -P {PASSWORD.EN_US} {DATASOURCE_ID.EN_US} 

追加情報

AdditionalInformation_Text

 

Scan to view the article on your device