メインコンテンツまでスキップ

OnCommand Unified Manager の保護を使用して既存の SnapMirror / SnapVault 関係を監視する方法 マネージャー

Views:
18
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
oncommand-unified-manager
Specialty:
om
Last Updated:

環境

  • OnCommand Unified Manager コア( OCUM ) 5.x
  • Data Fabric Manager ( DFM ) 5.x

説明

ここでは、既存のデータ保護関係を完全に Protection Manager にインポートすることなく監視する手順について説明します。

次に、ユーザが Protection Manager に関係をインポートしない理由を 2 つ示します。

  1. ポリシーベースの管理を購入するには:
    • Protection Manager 内に管理構成要素(データセット、保護ポリシー、リソースプール)を作成する必要があります。
    • 一部のユーザは、この抽象化レイヤを追加してリレーションシップを管理したくない場合、既存の遅延時間を把握し、許容レベルを超えた場合に警告を受け取るだけです。 
  2. Protection Manager にインポートされると、(ストレージコントローラではなく) Data Fabric Manager ( DFM )サーバによって関係がスケジュールされます。
     

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

Scan to view the article on your device