メインコンテンツまでスキップ

OnCommand Unified Manager の保護を使用して既存の SnapMirror / SnapVault 関係を監視する方法 マネージャー

Views:
10
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
oncommand-unified-manager
Specialty:
om
Last Updated:

に適用されます

OnCommand Unified Manager 5.x

DFM 5.x の場合

説明

ここでは、既存のデータ保護関係を完全に Protection Manager にインポートすることなく監視する手順について説明します。

次に、ユーザが Protection Manager に関係をインポートしない理由を 2 つ示します。

  1. ポリシーベースの管理を導入するには、 Protection Manager 内に管理構成要素(データセット、保護ポリシー、リソースプール)を作成する必要があります。これらの強力な概念により、ユーザーは個々の関係の複雑さをより高レベルのサービス関連コンテナに抽象化し、より簡単に複数のオブジェクトを管理できるようになります。一部のユーザーは、この抽象化レイヤーを追加してリレーションシップを管理したり、変更管理やリレーションシップのインポートを行ったりする必要がありません。ユーザは ' 既存の遅延時間を把握し ' 許容レベルを超えた場合にアラートを受け取る必要があります 
  2. Protection Manager にインポートされると、 Data Fabric Manager ( DFM )サーバ(ストレージコントローラではなく)で関係のスケジュールが設定されます。 Protection Manager でデータ保護関係を管理する場合は、 DFM サーバを高可用性にし、常にすべての環境で使用できるとは限りません。

 

CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support