メインコンテンツまでスキップ

OnCommand System Manager で、ボリューム「オーバープロビジョニングされたスペース」とは何ですか?

Views:
15
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
oncommand-system-manager
Specialty:
om
Last Updated:

に適用されます

  • ONTAP 9
  • OnCommand System Manager
  • System Manager Classic UI

回答

System Manager に表示 される「オーバープロビジョニングスペース」の値は、クラスタシェルの volume show で表示される「 over Provisioned Size 」フィールドです。

この値は、次の式で決定されます。

(volume size) - (volume used) - (volume space available) - (snapshot used space) == storage that can't be provided by the aggregate if written to the volume

 

volume show のドキュメントを参照してください。

If this parameter is specified, the command displays information only about the volume or volumes that have the specified size not available in the aggregate. This applies only for a 'none' guaranteed volume when it's unused size exceeds available space in the aggregate. This value is always zero for 'volume' guaranteed volumes. This parameter is not supported on Infinite Volumes.

 

次の例では、 500GB のシンプロビジョニングボリュームが test として表示されています。

clipboard_ed8c5f18c511b54314de26f891f4a1208.png

 

オーバープロビジョニングされたスペースは 468.27GB と表示されます。これは、アグリゲートにはボリュームに 500GB 全体を書き込むための十分なスペースがないことが原因です。

 

下の図に示すように、ボリュームサイズはアグリゲート( aggr1_cluster1_01 )の合計サイズを超えています。

clipboard_ed864938a9b12becb2333eb951dabc6cc.png

 

「オーバープロビジョニングスペース」の値は、ボリュームの合計サイズからアグリゲートの使用可能スペースを超えているスペースの量を示します。その後、 30GB のシックプロビジョニングボリューム( test_2 )を作成すると、アグリゲートの利用可能なスペースが少なくなるため、オーバープロビジョニングされたスペースがその分だけ増えます。

 

clipboard_ee0c29f21f1309ad44c81cd8dc31276a2.png

 

アグリゲートの使用率が 95% に達します。

clipboard_ecadb354a393a6cafdeb072884dcedbca.png

 

「 Over Provisioned 」の値は、 test_2 ボリュームがシックプロビジョニングされており、そのスペースがアグリゲート内でテストに使用できなくなるため、 30GB 増加します。

clipboard_ee9eb098b01474f4255e132f56193cb3e.png

 

追加情報

AdditionalInformation_Text