メインコンテンツまでスキップ

OnCommand Unified Manager で、「 unified-connect manager. xxxxxx 」のバイナリログのパージが失敗します

Views:
21
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
oncommand-unified-manager
Specialty:
om
Last Updated:

環境

  • OnCommand Unified Manager 7.2 以降( UM )
  • OnCommand Unified Manager 7.3 以降( UM )
  • VMware 仮想マシン OVA
  • Microsoft Windows Server 2012
  • Microsoft Windows Server 2016
  • Microsoft Windows Server 2019
  • Red Hat 6.x
  • Red Hat 7.x
  • CentOS 7.x

問題

OnCommand Unified Manager のアップグレード後、「 /data 」または Windows のインストールディレクトリの使用可能スペースが、時間の経過に伴う異常な減少を引き起こしました。次の例では、「 /data 」ファイルシステムが 93% 使用されています。Unified Manager の急速な使用増加は、 Unified Manager 6.x から Unified Manager 7.x にアップグレードする前に行われます。

 diag@ocum:~$ df -TH Filesystem Type Size Used Avail Use% Mounted on rootfs rootfs 64G 14G 47G 23% / udev devtmpfs 11M 0 11M 0% /dev tmpfs tmpfs 1.3G 173k 1.3G 1% /run /dev/sda1 ext3 64G 14G 47G 23% / tmpfs tmpfs 5.3M 0 5.3M 0% /run/lock tmpfs tmpfs 5.2G 0 5.2G 0% /run/shm /dev/sdd1 ext3 32G 123M 30G 1% /jail /dev/mapper/data--vg-lv2 ext4 793G 698G 55G 93% /data

Unified Manager 7.x をアップグレードしようとすると、十分な空き領域がないことを示す次のメッセージが表示されることがあります。たとえば、 Unified Manager 7.2P1 から Unified Manager 9.4 へのアップグレードです。

Unable to perform operation due to available disk space limitations. Please add additional storage to this VM or contact technical support for assistance"

注意:このメッセージが表示される状況は他にもあります。

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

Scan to view the article on your device