メインコンテンツまでスキップ

OnCommand Unified Manager を実行できなくなる理由をいくつか挙げてください 5.X バックアップ / スナップショットのパージから

Views:
13
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
oncommand-unified-manager-core-package
Specialty:
om
Last Updated:

に適用されます

  • OnCommand Unified Manager 5.X ( DFM )

回答

OnCommand Unified Manager 5.x ( DFM )での Snapshot (バックアップ)のパージを妨げる可能性がある主な 2 つの原因は次のとおりです。

  • DFM インストールパス内の空きスペースが 10% 未満に減少します。この場合、監視、パフォーマンスデータ収集、バックアップの保持は停止します。ただし、包含ボリュームまたはアグリゲートがいっぱいになるまで、バックアップは続行されます。空きスペースはdfm diag、の出力で確認できます。

Installation Directory C:/Program Files/NetApp/DataFabricManager/DFM
45.3 GB free (83.1%)

  • DFM は、データセットに対して登録されているスナップショットだけを消去します。通常は、 DFM で保護ジョブを作成するか、 API 呼び出しを使用して SnapManager 製品からデータセットに個別に登録します。パージされないスナップショットが DFM によって作成されない場合、または DFM によって作成されず、データベースから削除された時間帯(リバートなど)に作成された場合は、作成されたスナップショットが DFM ではなくなったことを説明できます。

:以前のバックアップにリバートした場合、 DFM はアップグレード前のバックアップおよびリストア開始までの間に発生した Snapshot やその他の変更を認識しなくなります。そのため、 DFM は、この期間に作成された Snapshot を保持ルールに基づいてパージしません。ストレージシステムの CLI 、 OnCommand System Manager 、または DFM を使用して、必要に応じて Snapshot を手動で削除できます。

Snapshot の保持が機能しないその他の理由としては、次のようなものがあります。

  • コントローラ通信の問題(消去は、ホスティングコントローラへの API コールを介してバックアップジョブの開始時に実行されます) 
  • 保持設定が正しくない(「 Daily 」をパージし、「 Weekly 」形式のバックアップだけを作成する)

パージされていないバックアップが原因として考えられるのは、上記の理由です。問題の原因が上記のいずれでもない場合は、以下のデータを収集し、サポートケースに添付する必要があります。

  1. 最近の DFMDC
  2. パージが想定どおりに実行されなかった一部の DFM バックアップジョブに対する「 dfpm job detail JOBID 」コマンドの出力。
  3. 該当する保持設定に対してジョブが実行された影響を受けるデータセットの保護ポリシーに対して「 dfpm policy node get policy_name_or_ID 」コマンドが出力されました。
  4. 「 dfm host diag controller_name _or_IP 」コマンドの出力が、エージングスナップショットをホストするデータセット内の一部のコントローラに格納されます。
  5. これらのコントローラ上の少数のボリュームの名前、またはエージングスナップショットの名前と、これらのスナップショットを表示する新しい自動サポート。
  6. コントローラの「監査ログ」には、上記の項目 2 で収集された DFM バックアップジョブの期間が記録されます。これらは、コントローラの /etc/log ディレクトリにあります。

追加情報

AdditionalInformation_Text