メインコンテンツまでスキップ

AltaVault クラウドの再利用に関する FAQ

に適用されます

AltaVault のクラウド再生に関する FAQ

回答

  • クラウドの再利用とは、フロントエンドの SMB または NFS 共有上のファイルの削除に応答して、クラウドから未使用のデータを削除するプロセスです。  
  • 効率化のために、十分な数のファイルを処理できる状態になると、クラウドの再利用プロセスが定期的に実行されます。
  • ファイルが削除されると、参照しているスラブがリストに追加されます
  • これらのうち十分な数があると、 SteelStore ではアプライアンスモデルごとに異なるしきい値が使用されます。AltaVault では、合計ファイルの 5% 、またはローカルキャッシュの合計データの 5% を使用します。
  • Cloud Reclamation サービスは、 AltaVault に保存されている他のファイルが各スラブを参照している量を判別するために実行されます。スラブを参照しているファイルがない場合、クラウドとローカルコピーの両方で、スラブが存在する場合は削除されます。
  • まだ参照中のデータセグメントがスラブに含まれている場合は、スラブを削除できません。
  • ただし、スラブの 50% 以上が不要になり、ローカルキャッシュに格納されている場合は、圧縮されてクラウドへのレプリケーション用に再度キューに入れられ、大規模なバージョンが上書きされます。
  • ログに記録されるメッセージの量を減らすために、 AltaVault では、個々のスラブアクションで実行されるガベージコレクションからのメッセージを出力しなくなりました。

メッセージ:

Oct  8 01:27:10 altavault1 rfsd[19024]: [gc.INFO] (14306) bitmaps set up for 251656 slabs, using 32211968 bytes

Oct  8 02:08:43 altavault1 rfsd[19024]: [scan.INFO] (14306) processed 15403 labelmaps, 13166362825 labels in 1098.926 secs (00:18:18), 11981119.365 labels/sec, 10318004471 (9.6GB) lm bytes; 96682492516524 (87.9TB) expanded bytes

Oct  8 02:08:43 altavault1 rfsd[19024]: [gc.INFO] (14306) 251656 total slabs, (0 resized)

Oct  8 02:08:43 altavault1 rfsd[19024]: [gc.INFO] (14306) deleting metadata from cloud

Oct  8 02:08:51 altavault1 rfsd[19024]: [gc.INFO] (14306) enqueuing slabs for reclamation

Oct  8 02:08:51 altavault1 rfsd[19024]: [gc.INFO] (14306) slab: 0x000001560592 (128b) 0/1 0% :

Oct  8 02:08:51 altavault1 rfsd[19024]: [gc.INFO] (14306) slab: 0x000001560597 (128b) 16/250 6.4% : 0300e0a240000000020000000000000000000000800000018000000000008c00

Oct  8 02:08:51 altavault1 rfsd[19024]: [gc.INFO] (14306) slab: 0x0000015605a0 (128b) 77/223 34.5% : 000000007bc0000000000000000000000000000640c007ffe6fffff03fbffffb

Oct  8 02:08:51 altavault1 rfsd[19024]: [gc.INFO] (14306) slab: 0x0000015605a4 (128b) 29/228 12.7% : 0000000c2000000000000000c7f80000203800004001c041c380000000040000

Oct  8 02:08:51 altavault1 rfsd[19024]: [gc.INFO] (14306) slab: 0x0000015605a9 (128b) 68/162 42% : 0000000303e401ff80000007db9f04fcffffde3f00000000

  • スラブが 0% 参照されていると判断された場合は、次のように削除されます。

Oct  8 02:08:51 altavault1 rfsd[19024]: [gc.INFO] (14306) slab: 0x0000015605ab (128b) 0/1 0% :

Oct  8 02:08:51 altavault1 rfsd[19024]: [gc.INFO] (32480) removed slab 0x15605ab

  • スラブが参照率 50% 未満で、ローカルキャッシュにある場合は、次のように圧縮されます。

Oct  8 02:08:51 altavault1 rfsd[19024]: [gc.INFO] (14306) slab: 0x0000015605e2 (128b) 22/220 10% : 000000000900400000080120008015000200000b885808000000000010000200

Oct  8 02:08:51 altavault1 rfsd[19024]: [gc.INFO] (32480) compacted slab 0x15605e2

Oct  8 02:12:34 altavault1 rfsd[19024]: [replicator.INFO] (23497) replicated slab 0000015605E2.slab

  • クラウド再生サイクルの最後に、次のサマリーメッセージが出力されます。

Oct  5 15:09:02 altavault1 rfsd[19024]: [gc.INFO] (7198) compacted 5790 slabs, removed 3960 slabs, (0 slabs already unlinked), 947652 segments, 14313056733 bytes (13.3GB) recovered, 4160.11s elapsed

  • リカバリできるデータ量は、発生した重複排除の量、 4MB のスラブオブジェクト内の未使用データの割合、およびデータがローカルキャッシュ内に残っているかどうかによって異なります。 
  • 最適な再利用パフォーマンスは、ローカルキャッシュから削除されるデータの有効期限がバックアップの有効期限を超えており、ローカルで圧縮の対象となることを保証している場合に発生します。削除された平均経過時間は、 WebUI の Reports で確認できます。

追加情報

AdditionalInformation_Text :