メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

AltaVault AVA400 および AVA800 SAS ケーブルの配線方法

Views:
39
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
altavault
Specialty:
dp
Last Updated:

のとう

のとう

に適用されます

  • AVA400
  • AVA800
  • NetApp クラウドバックアップ( AltaVault )
     

説明

  • AltaVault AVA400 および AVA800 は、単一の「ヘッドユニット」と 1 つ以上のシェルフで構成されています。
  • 各 24 ディスクシェルフには、 1 つまたは 2 つの 12 ディスク RAID グループがあります。
  • これらの RAID グループは、ローカルキャッシュを形成するためにラウンドロビンロードとともに使用される独立した RAID 6 論理ディスクです。
  • RAID グループの 1 つに、 AVA オペレーティングシステムを保持するための追加パーティションがあり、デバイスは、存在しない限りブートできません。
  • シェルフには、出荷用コンテナの「 S/N <head unit serial> 」に「 Helf 1 of 3 」というラベルが貼付されています。
  • 複数のシステムが一緒に出荷された場合、インストーラは各 AVA に属するシェルフを識別できます。
  • これは、ルート RAID グループ( OS パーティション)を含むシェルフでのみ重要です。

 

Scan to view the article on your device
CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support