メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

事前取り込みを使用する必要があるのはいつですか?

Views:
22
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
altavault
Specialty:
dp
Last Updated:

に適用されます

  • AltaVault ( AVA )
  • prepopulation

回答

  • リストアで容量が不足している場合は、事前取り込みをチェックして、リストアデータを簡単に取得できることを確認します 
    • 読み出し速度は、実行にかかる時間です 最初の送信後にダウンロード可能なデータ クラウドへの移行を申請
    • この遅延により、ローカル キャッシュ上にないデータは、クラウドからオンデマンドで取得することができません。
    • その場合は、事前取り込み GUI または CLI コマンドを使用して、読み取るデータをクラウドから AltaVault のローカルキャッシュに手動でリストアする必要があります
    • データをクラウドからリストアしたあとで、ローカル キャッシュから読み取ることができます。
    • アーカイブ階層(クラウド)からデータをリカバリするときは、バックアップアプリケーションによるリストアまたは読み出しに関連するすべてのデータセグメントを最初に AltaVault のキャッシュに配置する必要があります
    • これにより、バックアップまたはアーカイブによるエラーや再試行状態を回避できます アプリケーションは、クラウドサービスプロバイダがにアクセスするまで待機しています データを AltaVault のキャッシュに送信します
      • ファイルに関連付けられているデータ セグメントをAltaVaultのキャッシュにリカバリするには、AltaVaultの事前取り込み機能を使用します。
        • これにより、データ読み出しで損失する時間が、待機時間に制限されます 選択した取得モードに関連する期間
        • 個々のデータセグメントに対して別々の読み出し要求が複数回実行される場合(バックアップアプリケーションがファイルを順次リストアするときに、各ファイルが AltaVault のキャッシュにない場合など)は、クラウドサービスプロバイダからの読み出しプロセス全体、およびリカバリ全体の速度が遅くなる可能性があります

追加情報

  • 詳細については、[1]『 Admin Guide 』( 261 ページ以降)を参照してください 

 

Scan to view the article on your device