メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

ブートデバイスの交換後に、失われた MCC を手動で追加する必要がありますか?「 xxxx 」 bootargs をノード構成に追加しますか?

Views:
3
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
metrocluster
Specialty:
metrocluster
Last Updated:

環境

ONTAP 9
MetroCluster FC
MetroCluster IP の略

回答

ブートデバイスが交換されたことをノードが認識した場合、またはブートデバイスに現在の設定が含まれていないためバックアップからリストアする必要がある場合は、 MetroCluster 専用の次の bootarg がクリアされます。

 bootarg.mcc.adp_enabled bootarg.mcc.dr_aux_partner bootarg.mcc.dr_aux_partner_uuid bootarg.mcc.dr_partner bootarg.mcc.dr_partner_uuid bootarg.mcc.e0a.cfg bootarg.mcc.e0b.cfg bootarg.mcc.local_config_id 

LOADER プロンプトで bootargs を手動で追加する必要はありません。

bootargs は 'varfs バックアップ構成のコピーが正常に作成された時点で ' オプション 6 を使用してディスクからブートデバイスに自動的にリストアされますこのプロセスでは、プロンプトが表示されたらブートメニューでオプション「 6 」を実行し、「ギブバック待ち」になるまでノードをブートします。ノードに「 cfo-only 」ギブバックを実行したあとは、影響を受けるノードにルートアグリゲートのみが移行され、 varfs 設定がブートデバイスに完全にコピーされるようになります。

ONTAP のブートメニューオプション "(6) Update flash from backup config." を使用する方法については、以下を参照してください

追加情報

 

 

Scan to view the article on your device