メインコンテンツまでスキップ

NDMP ベースのコピーユーティリティ( ndmpcopy など)を使用して、同じモードまたは異なるモードの Data ONTAP 間でデータをコピーする方法

Views:
351
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ndmp
Specialty:
dp
Last Updated:

に適用されます

  • ONTAP 9
  • clustered Data ONTAP 8.3
  • Data ONTAP 8.1 7-Mode
  • Data ONTAP 8 7-Mode
  • clustered Data ONTAP 8.2
  • clustered Data ONTAP 8.1

説明

NDMPは、ストレージ システムやテープ ライブラリなど、プライマリ ストレージ デバイスとセカンダリ ストレージ デバイスとの間で、バックアップやリカバリなどのデータ転送を制御するための標準化されたプロトコルです。NDMP と、ダンプとリストアの使用により、ストレージシステム内またはストレージシステム間の異なる場所間でデータをコピーできます。これらのストレージシステムは、異なるリリースを実行したり、異なる Data ONTAP モードで動作したりできます。ネットアップなどは、 NDMP を使用してデータをコピーするためのユーティリティをいくつか提供しています。

この記事では、を有効にして NDMP を使用してデータをコピーする方法について説明します。

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

Scan to view the article on your device