メインコンテンツまでスキップ

Network Data Management Protocol ( NDMP ;ネットワークデータ管理プロトコル) / ダンプフェーズの概要

Views:
131
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ndmp
Specialty:
dp
Last Updated:

すべてのとおり  

環境

  • Data ONTAP 7-Mode の略
  • clustered Data ONTAP 8
  • ONTAP 9

回答

用語

ダンプフェーズの概要 で使用される主な用語は次のとおりです。

  • inode :
    • ファイルシステム上のすべてのファイルには、識別子が関連付けられています。
      • この ID は inode と呼ばれます。
    • 通常、ファイルシステムには事前に割り当てられた inode があります。
    • df -i ONTAP の出力には、ボリュームの使用済み inode の総数と空き inode の総数が表示されます。
    • このドキュメントでは、 inode とファイルという用語を同じ意味で使用します。
  • inode ファイル:
    • これは、ファイルシステム上の特殊なファイルで、ボリューム内のすべての inode とその詳細が含まれています。
  • inode マップ:
    • ボリューム上の inode の数と同じ数の要素を含むアレイ。
    • inode 番号は、配列内の対応するエントリのインデックスとして機能します。
    • エントリの値が 1 の場合は、対応するファイルが指定されたバックアップに存在することを示します。
  • オフセットマップ:
    • ボリューム上の inode の数と同じ数の要素を含むアレイ。
    • inode 番号は、配列内の対応するエントリのインデックスとして機能します。
    • inode がバックアップ内に存在する場合は、対応するエントリにテープ上の物理アドレスが含まれ、バックアップイメージ内のファイルデータの先頭がマークされます。
ダンプフェーズ
  • NDMP によって開始され、ファイル履歴がオンになっているバックアップの場合、ダンプでは、フェーズ III および IV でファイル履歴を生成するとともに、フェーズ IIIb でのオフセットマップを生成する必要があります。
  • ファイル履歴とオフセットマップを生成すると、これらのフェーズで NDMP バックアップに多少のコストがかかりますが、 NDMP ではバックアップのインデックス作成、 DAR 、拡張 DAR などの重要な機能を利用できます。
  • ファイル履歴の詳細について FAQ:NDMPファイルの履歴は、 FAQ : NDMP File History を参照してください。
    • フェーズ I :
      • ダンプを使用すると、バックアップが必要なファイルのリストが生成されます。
      • このフェーズの出力を inode マップと呼びます。
      • inode マップには、ボリューム上のすべての inode についてのエントリが含まれています。
      • バックアップする inode には対応するエントリが 1 に設定されていますが、バックアップ対象でない inode のエントリは 0 に設定されています。
    • フェーズ II :
      • dump は、フェーズ I で生成された inode マップをテープに書き込みます。
    • フェーズ III :
      • ダンプは、バックアップデータセットのディレクトリ構造全体をテープに書き込みます。
      • 有効にすると、ディレクトリのファイル履歴が生成され、このフェーズでバックアップアプリケーションに通信されます。
        • フェーズ IIIa :
          • ACLs フェーズ:このフェーズでは、データセットの ACL をテープにバックアップします。
          • データセット内の多数のファイルに ACL が設定されている場合は、この手順に時間がかかることがあります。
        • フェーズ IIIb :
          • このフェーズは、ファイル履歴が有効になっている NDMP バックアップに対してのみ実行されます。
          • このフェーズの出力はオフセットマップです。
          • 特定のバックアップの各ファイルについて、オフセットマップには、バックアップイメージ内のファイルの先頭を示すテープ上の物理アドレスが含まれています。
    • フェーズ IV :
      • このフェーズでは、テープ上の実際のファイルデータがダンプされます。
      • このフェーズは inode 順に動作します。
      • その結果、 inode 番号の数が増加する前に、より小さい inode 番号が検出されることが保証されます。
      • 有効にすると、ファイルのファイル履歴が生成され、このフェーズ中にバックアップアプリケーションに伝達されます。
    • フェーズ V :
      • これはフェーズ IIIa の重複です。
      • これは、従来ネットアップのネイティブダンプに存在していた機能です。
      • このフェーズは下位互換性を確保するために残されていますが、 ONTAP の最新バージョンでは対処不要です。
リストアダンプフェーズ
  • フェーズ I :
    • バックアップイメージのディレクトリ構造全体が ininofile に読み込まれ、ファイル情報が inomap に読み込まれます。
  • フェーズ II :
    • リストア用に選択されたすべてのファイルとディレクトリは 'ininofile およびフェーズ I で作成された inomap に基づいて ' ファイル・システム上に作成されます 
    • リストア処理の性質上、 PhaseII では多くのファイルが 0 バイトと表示されます。この変更は、リストアがフェーズ III に入った後で行われます
  • フェーズ III :
    • 個々のファイルの内容がバックアップイメージから読み取られ、フェーズ 2 で作成されたツリーがデータでポーリングされます。 
qtree / ボリュームのダンプとqtree 以外のサブディレクトリのダンプ
  • ダンプのフェーズ I の動作は、ユーザがボリューム / qtree のバックアップを開始したか、 qtree 以外のサブディレクトリ / サブツリーを開始したかによって異なります。
  • サブディレクトリダンプでは、バックアップの指定ルートより下の各ディレクトリとファイルを調べて、バックアップに含めるかどうかを決定する必要があります。
  • 特にサブディレクトリに数百万個の inode (ファイル)が含まれている場合、これは時間のかかる処理です。
  • ボリュームベースおよび qtree ベースのバックアップでは、ディレクトリツリー全体を調べてバックアップが必要な項目を特定する必要はありません。
  • 代わりに、 ONTAP はバックアップ Snapshot の inode ファイルを経由できます。
  • inode ファイルだけを確認することで、 inode が存在するかどうかや、特定の qtree / ボリュームの一部であるかどうかを確認することができます。
  • inode ファイルを使用すると、ディレクトリトラバーサルに比べてはるかに高速で効率的なプロセスを実現できます。
  • inode ファイルには、 qtree 以外のサブディレクトリダンプに対して同じ処理を実行するための十分な情報が含まれていないため、 qtree およびボリュームは、 qtree 以外のサブディレクトリではなく可能なかぎりバックアップすることを推奨します。
  • exclude NDMP 環境変数を使用すると、 qtree およびボリュームダンプで、低速なディレクトリトラバーサルメソッドも実行されることに注意してください。
  • バックアップ速度に問題がある場合は、 NDMP で開始されるダンプバックアップでは除外しないでください。

追加情報

ここにテキストを追加します。

 

Scan to view the article on your device