メインコンテンツまでスキップ
We are redesigning the NetApp Knowledge Base site to make it easier to use and navigate. The new and improved site will be available the first week of October. Check out our video or read this KB article to know more about changes you’ll see on the site.

SCSQL の保持機能はどのように動作しますか?

Views:
17
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
snapcenter
Specialty:
snapx
Last Updated:

環境

  • SQL 4.5 用 SnapCenter プラグイン( SCSQL )
  • Microsoft SQL Server

回答

  1. SCSQL は、次の古いバックアップコンポーネントを削除するように設計されています。
  • ONTAP ボリューム Snapshot
  • .ldfSQL トランザクションログファイルの、ホストログディレクトリ( HLD )からのバックアップ( TRB ファイル形式)
  1. 保持の適用方法は '3 種類の SCSQL ポリシーによって異なります
  • フル バックアップ
  • フルバックアップ + ログバックアップ
  • ログバックアップのみ
  1. 以下は、ユーザが削除を制御できるバックアップ・コンポーネントです。
  • データ:( UI またはコマンドレットを使用して) SQL データファイルおよびログファイルをホストしているボリュームで Snapshot を保持する日数または Snapshot を保持する
  • log : TRB ファイルを HLD に保持する日数( UI またはコマンドレットで最新の UTM 値に設定)
  • LOG_SNAPSHOT : TRB ファイルをホストするボリューム(完全に満杯のコマンドレットを使用する場合のみ)の Snapshot を保持する数または日数を指定する必要があります
  1. SCSQL によって保持が適用される場合は、次のようになります
  • データ:フル・バックアップまたはフル・バックアップ + ログ・バックアップ中
  • ログ:フルバックアップ + ログバックアップ中
  • ログ・スナップショット: (任意のタイプのバックアップ中):ただし ' スナップショット数または保存日数は ' バックアップに使用されるリソース・グループ( RG )に関連付けられているすべてのポリシーの log_snapshots 値の合計ですたとえば、 FULLBACKUP の場合は「 LOG_SNAPSHOT 」を 2 つ、 LogBackup のみの場合は「 LOG_SNAPSHOT 」を 2 つ設定すると、 SCSQL は HLD ボリュームの 4 つの Snapshot を保持します。
  1. Get-SmPolicy 出力および適用されるタイミング。Get-Sm-Policy フルポリシーまたはログポリシーの出力には、スケジュール( Weekly など)で始まるセクションが含まれています。このセクションには、次のような重要な値があります。
  • backupType :データ(このスケジュールに 1 つ、 OnDemand バックアップに 1 つ、合計 2 つ)、ログ、および LOG_スナップショット 。
  • SchedulederType : Weekly 、 Daily 、 Hourly 、または None
  • RetentionCount :保持する番号
  • RetentionDays :保持する日数
  1. 保持をトリガーするポリシーコンポーネントはどれですか?
  • フルバックアップポリシーは、すべてのバックアップタイプの保持をトリガーします。
  • Log Only backupType では、 backupType LOG_SNAPSHOT のみがトリガーされます。

追加情報

例:

フル + ログポリシー - 毎日
バックアップタイプ データ データ LOG_SNAPSHOT ログ  
SchedulederType なし 毎日 なし なし  
RetentionCount の場合 8 8 2 3  
RetentionDays 0 0 0 0  

 

LogBackup Only ポリシー - 毎時
バックアップタイプ データ データ LOG_SNAPSHOT ログ  
SchedulederType なし 毎時 なし なし  
RetentionCount の場合 7 7 2 7  
RetentionDays 0 0 0 0  

上記の 2 つのポリシーが定義された RG では、次のような結果になります。

ONTAP ボリュームをホストしている .mdf ファイル:スケジュールされたタイプごとに最大 8 個の Snapshot を指定します。この場合は、毎日作成します。

ONTAP ボリュームホスティングの .ldf ファイル:上記のように、スケジュールタイプごとに最大 8 個の Snapshot が作成されます。

ボリューム・ホスティングの HDL : TRB ファイル( HDL ボリューム):フル + ログ・バックアップが発生したときにのみ、 TRB の数は最大 3 に減少します

HDL ボリューム内のスナップショット:最大 4 ( SC 4.5 のデフォルトとして 2 、 Log Policy + コマンドレットを介して Log_snapshot 変数を使用して Full Policy に設定した 2 )、

メモ: SCSQL 4.4 以前では、 HLD スナップショットに対して異なる保存設定がありました( 7 個のスナップショットにハードコードされています)。SCSQL 4.5 以降では、 2 つのスナップショットに変更されています。