メインコンテンツまでスキップ

ホスト上のSnapCenter Linuxプラグインのメモリ使用率はどのくらいか。

Views:
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
snapcenter
Specialty:
snapx<a>2009203012</a><a>RSS</a><a>VSZ</a><a>pmap</a>
Last Updated:

環境

  • SnapCenter Plug-in for Oracle(SCO)4.x
  • SnapCenter Plug-in for SAP HANA(SCHANA)4.x
  • SnapCenter Plug-in for Creator(SCC)4.x

回答

プラグインプロセスで使用されるメモリのほとんどは、3つのJavaプロセスそれぞれのヒープスペースに事前に割り当てられています。
これ、-Xmxパラメータを使用してJavaに指定します。たとえば、の出力は次のようになりsudo ps aux | grep snapます。
 
USER       PID %CPU %MEM    VSZ   RSS TTY      STAT START   TIME COMMAND
root       970  0.1  1.9 3012216 75220 ?       Sl   11:17   0:20 /usr/lib/jvm/java-1.8.0-openjdk-1.8.0.161-2.b14.el7.x86_64/jre/bin/java -Xms128m -Xmx512m -XX:MaxPermSize=256m -XX:ParallelGCThreads=2 -classpath /opt/NetApp/snapcenter/scc/lib/scAgent-2.0-core.jar:/opt/NetApp/snapcenter/scc/lib/common-2.0.jar com.netapp.snapcreator.agent.nextgen.watchdog.external.ExternalWatchdogStarter start
root      1700  0.2  9.9 3645364 386312 ?      Sl   11:18   0:29 /usr/lib/jvm/java-1.8.0-openjdk-1.8.0.161-2.b14.el7.x86_64/jre/bin/java -Xms128m -Xmx1024m -XX:MaxPermSize=256m -XX:ParallelGCThreads=2 -DINSTALL_PATH=/opt/NetApp/snapcenter/scc -classpath /opt/NetApp/snapcenter/scc/lib/scAgent-2.0-core.jar:/opt/NetApp/snapcenter/scc/etc:/opt/NetApp/snapcenter/scc/lib/* com.netapp.snapcreator.agent.nextgen.Starter start
root      2168  0.5 42.8 4777912 1663820 ?     Sl   11:18   1:04 /usr/lib/jvm/java-1.8.0-openjdk-1.8.0.161-2.b14.el7.x86_64/jre/bin/java -Xms256m -Xmx2G -XX:MaxMetaspaceSize=256m -XX:OnOutOfMemoryError=restart_plugin_loader_services.sh -XX:+UseG1GC -XX:MaxGCPauseMillis=200 -XX:ParallelGCThreads=2 -jar spl-main-4.4.jar start -classpath (...)
 
VSZ 列は仮想メモリサイズを表し、ディスクから読み取られるライブラリなどが含まれます。
Linuxではオンデマンドページングが使用されており、アプリケーションがページを使用しようとすると、ページがメモリにロードされるだけです。
 
システムでこのコマンドを実行 するときのメモリ(RAM)の使用量は、RSS列に表示される値です。
、RSSの値には共有メモリも含まれています。つまり、実際の使用量は、特定のプロセス間の平均でさらに低くなる可能性があります。
 
pmap このコマンドを使用すると、使用可能なプロセスとファイルの使用方法も分離されます。
pmapのバージョンに応じて、最終出力は要約します。たとえば、2番目の合計はRSS(メモリ内)の値で、追加出力は共有メモリを表示します。
Total:           6728544K 1958244K 1945274K 1936032K    180K      0K
2056532K writable-private, 4666328K readonly-private, 5684K shared, and 1958244K referenced
 
メモ: SPLサービスのデフォルトのheapspace se会議 は2GiB(ポート8145のメインアクセスポイント、SCUおよびSCO機能を含む)、SCHANAとSCC Creatorの両方のプラグインを処理するSCCサービスの1GiBです。 また、SCC Watchdogプロセスでは512MiBが使用され、最大で3.5GiBのRAMを使用できます。
 
プロセスを使用して最大のメモリを検索するには、すべてのプロセスのメモリ使用率をパーセントで表示し、次の値で上位にソートします。
ps -o pid,user,%mem,command ax | sort -n -k3

追加情報

使用するプラグインによっては、メモリ使用量を多少減らすことができます。
  • SCCの場合、heapspaceの使用状況やその他のメモリパラメータの設定は agent_memory.properties 、のに保存されています /var/opt/snapcenter/scc/etc
  • SPL splspld/opt/NetApp/snapcenter/spl/binの場合、スクリプトで定義され、に配置されます。
  • SCHANAとSCC Creatorのどちらのプラグインも使用しない場合は、を使用してSCCサービスとウォッチドッグを完全に削除できます /opt/NetApp/snapcenter/bin/uninstallServiceLinux
  • 一方、Oracleを使用しない場合、SPLの空きスペースを2Gから1Gに減らすことはできますが、SCCへのアクセスを提供するには引き続き実行する必要があります。
Scan to view the article on your device