メインコンテンツまでスキップ

SnapCenter SMCore サービスで生成されるログファイル

Views:
3
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
snapcenter
Specialty:
snapx
Last Updated:

環境

SnapCenter Plug-in for Microsoft Windows

回答

SnapCenter SMCore サービスは、 SnapCenter Server ホストおよび SnapCenter Plug-in for Microsoft Windows がインストールされている Windows ホストで実行されているコンポーネントです。
SMCore によって生成されるログファイルは次のとおりです。
 

ログファイル名 場所 説明 ログのローテーション
SMCoreService.log <SC_Install_Dir>\SMCore \log\ SnapCenter SMCore サービスログファイル。 ロールオーバーは、ログファイルのサイズがを超えるMaxFileSizeとトリガーされます。ローテーションさSMCoreService.log.<N>MaxSizeRollBackupsれたログは、指定した数までファイルとして保持されます。デフォルトのMaxFileSizeは10MBで、デフォルトはMaxSizeRollBackups10です。これらのパラメータSet-SmLogSettings -Agentは、コマンドレットを使用して変更できます。詳細[1]については、実行しているバージョンに対応した『 Windows Cmdlet Reference Guide 』を参照してください。
SMCore < ジョブ ID > .log <SC_Install_Dir>\SMCore \log\ SnapCenter SMCore サービスのジョグログ。基本的SMCoreService.logには、個々のジョブに関連する情報のみを含みます。 ジョブログファイルの合計サイズがこれを超えるとJobLogsMaxFileSize、最も古いファイルが削除されます。デフォルトのJobLogsMaxFileSizeは500MBで、Set-SmLogSettings -Agentコマンドレットで変更できます。詳細[2]については、実行しているバージョンに対応した『 Windows Cmdlet Reference Guide 』を参照してください。
SnapDriveSALDebug.log <SC_Install_Dir>\SMCore SMCore ストレージ抽象化レイヤ( SAL )ログファイルが含まれます。このログファイルには、 SMCore が実行された ZAPI に関連するログ出力が含まれています。 詳細について SMcore sal ログ用に保持するログファイルの最大サイズと数を変更する方法は、 KB の『 How to change the maximum log file size and the number of log files to retain for SMCore SAL log 』を参照してください。
SCW_< ジョブ ID >.log <SC_Install_Dir>\SMCore \job_logs SMCore SAL ジョブログ。基本的SnapDriveSALDebug.logには、個々のジョブに関連する情報のみを含みます。 自動的には削除されません。古いジョグログファイルは手動で削除できます。
JobLauncher.log <SC_Install_Dir>\SMCore \log\ SmJobLauncher.exeスケジュール済みジョブをトリガーするログファイルです。 自動的には削除されません。このログファイルは、ジョブのスケジュールが設定されていない時間帯に削除できます。
 

 

 

Scan to view the article on your device