メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

7MTT コピーベースの移行:手動ベースラインボリュームを新規プロジェクトに追加する方法、または既存ベースボリュームをあるプロジェクトから新しいプロジェクトに移動する方法

Views:
44
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
snapmirror
Specialty:
dp
Last Updated:

に適用されます

  • 7-Mode Transition Tool
  • SnapMirror

説明

この記事では、手動でベースラインされたボリュームを新しいプロジェクトに追加する方法、または既存のベースボリュームをあるプロジェクトから新しいプロジェクトに移動する方法について説明します

次の 2 つのケースがあります。

  • ケース 1 :既存のプロジェクトから新しいプロジェクトにベースラインボリュームを移動する必要がある。  
  • ケース 2 :お客様は、手動でベースライン設定された clustered Data ONTAP ボリュームをプロジェクト / セッションに追加する必要があります。

手順を進める前に、次の前提条件を満たしている必要があります。

  • 問題のボリュームはすでにベースラインが設定されている必要があります( SnapMirror の状態は「 Snapshot ミラーリング」)。このボリュームの 7-C SnapMirror 関係はアクティブである必要があり、破損したり削除されたりしていません。
  • ベースラインボリュームの 7-C SnapMirror 関係に使用された 7-Mode IP アドレス /FQDN を記録します。新しいプロジェクト / セッションの作成時に、まったく同じ IP アドレス /FQDN をデータコピー IP アドレスとして指定する必要があります。

 

Scan to view the article on your device
CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support