メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

カスケード構成で SVM-DR を使用できますか。

Views:
21
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
dp
Last Updated:

環境

  • SnapMirror
  • ONTAP 9
  • ONTAP 9.1
  • ONTAP 9.2
  • Data ONTAP シミュレータ
  • ONTAP 9.3

回答

いいえ。 SVM-DR は A -> B 構成で使用するように設計されています。タイプ DP および XDP SVM-DR では、転送のソース SVM にサブタイプ「 default 」を含める必要があります。

シナリオ:

  • A -> B -> C

( a )本番クラスタ: cluster-A

( a )本番環境の SVM :本番環境

-- ミラー / タイプ :DP--

( B ) DR クラスタ: cluster-b

( B ) DR SVM :セカンダリ

-- 提案されたボールト / タイプ: XDP --

( C )バックアップクラスタ: cluster-c

( C )バックアップ SVM : 3 番目
 

  • A -> B はタイプ: DP を使用してミラーリングされます

cluster-b::> snapmirror show

                                                                       Progress

Source            Destination Mirror  Relationship   Total             Last

Path        Type  Path        State   Status         Progress  Healthy Updated

----------- ---- ------------ ------- -------------- --------- ------- --------

production: DP   secondary:   Snapmirrored

                                      Idle           -         true    -

cluster -c の「セカンダリ:」から「ターシャリ:」に対して SnapMirror 作成を試行した場合、次のエラーが表示されます。

cluster-c::> snapmirror create -source-path secondary: -destination-path tertiary: -type XDP

Error: command failed: Vserver "secondary" is not a Vserver of subtype "default".

追加情報

AdditionalInformation_Text

 

Scan to view the article on your device