メインコンテンツまでスキップ

clustered Data ONTAP で SMTape を使用して USB / ディスク経由で SnapMirror 関係をシードする場合の考慮事項

Views:
29
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
snapmirror
Specialty:
dp
Last Updated:

のとう

のとう

環境

  • clustered Data ONTAP 8.x
  • ONTAP 9.x
  • ONTAP Select  

説明

SMTape は、 WAN 経由で送信できないデータのレプリケートに使用されます。SMTape を使用すると、テープ経由での最初の SnapMirror 転送をシードし、その WAN を将来の更新に使用して SnapMirror 関係を確立できます。

重要な注意事項: clustered ONTAP 8.3 以降では、テープシーディングに SMTape を使用するのはテープのみに限定されています。  をクリックします -file-path option is used to direct the data stream to disk image, the baseline copy will be written at a maximum of 5 MB/s, slower than most WAN connections.  For this reason, use of the -file-path option as an alternative to transferring SnapMirror data over the WAN is not recommended and is not supported.

Note that the below process can be used only in Testing Scenarios.

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

Scan to view the article on your device