メインコンテンツまでスキップ

NetApp_Insight_2020.png 

ONTAP 9 の SnapMirror ポリシー・ルールの「 schedule 」パラメータはどのように機能しますか。

Views:
9
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
data-ontap-8
Specialty:
dp
Last Updated:

すべてのとおり  

に適用されます

  • ONTAP 9

回答

ONTAP 9 では、に示すように、 SnapMirror 関係自体のパラメータを使用して、すべてのタイプの SnapMirror 関係がスケジュールされます。 schedulesnapmirror show -instance.
ClusterDR::> snapmirror show -instance

       Source Path: svmSrc:volSrc
    Destination Path: svmDst:volDst
    Relationship Type: XDP
Relationship Group Type: none
   SnapMirror Schedule: daily



... ONTAP 9 では、 SnapMirror ポリシーには、 SnapMirror ポリシールールの一部として設定できる新しい個別のスケジュールパラメータがあります。このパラメータsnapmirror policy show -instancesnapmirror policy add-rulesnapmirror policy modify-ruleは、およびで確認できます。このパラメータは、およびを使用して SnapMirror ポリシールールを作成または変更する場合のオプションです。この記事では、このスケジュールの使用方法について説明します。
ClusterDR::> snapmirror policy show -policy CustomMirrorVault -instance

           Vserver: ClusterDR
   SnapMirror Policy Name: CustomMirrorVault
   SnapMirror Policy Type: vault
        Policy Owner: cluster-admin
         Tries Limit: 8
      Transfer Priority: normal
  Ignore accesstime Enabled: false
   Transfer Restartability: always
Network Compression Enabled: false
       Create Snapshot: false
           Comment: -
    Total Number of Rules: 2
         Total Keep: 15
            Rules:
SnapMirror Label        Keep Preserve Warn Schedule Prefix
----------------------------- ---- -------- ---- -------- ----------
 daily              10 false     0 -     -
 weekly              5 false     0 weekly  weekly

ClusterDR::> snapmirror policy add-rule ?
   -vserver           Vserver Name
  [-policy]           SnapMirror Policy Name
  [-snapmirror-label]      Snapshot Copy Label
  [-keep]            Snapshot Copy Retention Count
  [[-preserve] {true|false}]   Snapshot Copy Preserve Enabled
  [ -warn <integer> ]      Warning Threshold Count
  [ -schedule ]         Snapshot Copy Creation Schedule
  [ -prefix ]          Snapshot Copy Creation Prefix


SnapMirror ポリシールールで見つかったこのスケジュールパラメータは転送スケジュールではないため、バックアップはトリガーされません。代わりに、このスケジュールでは、セカンダリ SnapVault Snapshot コピーと呼ばれる新機能を制御します。この機能を使用すると、 SnapVault セカンダリボリューム上に Snapshot コピーを個別に作成できます。 SnapVault プライマリ上に対応する Snapshot コピーを作成して維持する必要はありません。SnapMirror 関係に割り当てられた SnapMirror ポリシールールでスケジュールを使用すると、スケジュールがトリガーされたときに、そのルールによって SnapVault セカンダリボリュームに Snapshot が作成されます。これらのルールは更新をトリガーしません。また、設定されたラベルを持つスナップショットはプライマリボリュームからバックアップされません。SnapVault プライマリボリュームから Snapshot をバックアップするルールを作成する場合は、 schedule パラメータを指定せずにルールを再作成します。セカンダリ SnapVault Snapshot コピー機能に関するその他の詳細および注意事項:

  • この機能vaultmirror-vaultを使用できるのは、 SnapMirror ポリシーを使用してタイプを指定した場合だけです。
  • SnapMirror ポリシーには、スケジュールパラメータを指定しないルールが少なくとも 1 つ必要です。
  • この機能は、 ONTAP 9 以降でのみ使用できます。

追加情報