メインコンテンツまでスキップ

パフォーマンスのための SnapMirror/SnapVault スループットの計算方法

Views:
341
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
snapmirror
Specialty:
dp
Last Updated:

環境

  • ONTAP 9 以上
  • clustered Data ONTAP 8 以降
  • Data ONTAP 8 7-Mode 以降

説明

  • SnapMirror のスループットを測定および監視するツールは内蔵されていません。
  • このためのアプリケーションをお探しの場合は、営業マネージャに連絡してデータ管理アプリケーションに関する情報をお問い合わせください。
    • 関係のスループットは、一定期間にわたって移動されるデータの量に基づいて決定できます。
  • 次のコマンドを使用して、必要な SnapMirror 情報を収集します。
    • スループットを決定 Transfer SizeTransfer Durationするために、メモするフィールドはおよびです。
    • Transfer Sizeをで割ってスループットを確認 Transfer Durationします。

Data ONTAP 7-Mode
Destination> snapmirror status -l [ ]
or 

Destination> snapvault status -l [ ]

Snapmirror is on.

Source:                 Source:vol1
Destination:            Destination:vol1_mirror
Status:                 Idle
Progress:               -
State:                  snapmirrored
Lag:                    00:34:03
Mirror Timestamp:       Tue Sep 20 13:28:34 CEST 2016
Base Snapshot:          Source(012345678)_vol1.1
Current Transfer Type:  -
Current Transfer Error: -
Contents:               -
Last Transfer Type:     Update
Last Transfer Size:     4800 KB
Last Transfer Duration: 00:00:45
Last Transfer From:    Source :vol1


Last Transfer SizeLast Transfer Duration :この出力には、最後の転送スループットの計算に使用できるとが表示されます。
 

Data ONTAP Cluster-Mode

  • snapmirror show -instance コマンドを使用 Last Transfer SizeLast Transfer Durationすると、およびを表示できます。

Destination Cluster::>snapmirror show -instance -destination-path <svm:Volume>

  • 次のコマンドを実行して、関連する情報のみを表示できます。

DestinationCluster::> snapmirror show -fields last-transfer-size,last-transfer-duration,last-transfer-end-timestamp [-destination-path ]

source-path destination-path last-transfer-size last-transfer-duration last-transfer-end-timestamp
----------- ---------------- ------------------ ---------------------- ---------------------------
SVM1:test   SVM1:SMTest      4.31MB             0:0:3                 "01/09 13:09:52"
1 entries were displayed.

  • この出力には、 Last Transfer SizeLast Transfer Duration およびが表示されます。これらのを使用して、前回の転送スループットを計算できます
  • スループットのライブ分析
  • 上記のコマンドを使用して、 SnapMirror のライブ転送のスループットパフォーマンスを測定できます。 
    • snapmirror show全体の進捗状況を確認するには、コマンドを 1 回実行します。 
    • 一定時間待ってからsnapmirror show、もう一度実行してください。 
    • 各出力の「 Total Progress 」列を使用して、 2 番目の出力の最初の出力を減算します。 
    • 残りのコマンドを 2 つのコマンドの間隔で割ります。 
    • その結果、転送のスループットが推定されます。
      • snapmirror show上記の例では、 3 分間隔でコマンドを実行しています。 3 分間隔で実行しています。

1073850-1.png

 

CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support