メインコンテンツまでスキップ

NetApp_Insight_2020.png 

SnapMirror の「 No Common Snapshot 」エラーのトラブルシューティング方法

Views:
12
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
snapmirror
Specialty:
dp
Last Updated:

のとう

のとう

に適用されます

  • ONTAP 9
  • clustered Data ONTAP 8.3
  • clustered Data ONTAP 8.2

説明

SnapMirror 関係を作成して更新すると(手動またはスケジュールによって)、ソースボリュームに新しい Snapshot が作成されます。  この Snapshot はボリューム内の最新の Snapshot で、転送のベース Snapshot として使用されます。  次に、 SnapMirror エンジンは、新しいベース Snapshot と前回の転送用に作成された最後のレプリケーション Snapshot (「共通ベース Snapshot 」と呼ばれる)の違いを識別します。  これらの違いはデスティネーションボリュームに転送されます。  このデータには、データブロック、ユーザファイル、 Snapshot コピー、 LUN 、およびボリューム内のその他のデータを含めることができます。  転送が完了すると、次の更新がトリガーされるまで、ボリューム内の最新の Snapshot が「共通ベース Snapshot 」になります。

SnapMirror では、更新のためにソースボリュームとデスティネーションボリュームの両方に共通のベース Snapshot が存在している必要があります。 
そうでない場合、「 No Common Snapshot 」エラーで処理が失敗します。 

CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support