メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

7 つの MTT を使用してコピーフリー移行を完了すると、 SnapMirror 、 SnapVault 、およびボリュームの移動に失敗することがあります

Views:
11
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
snapmirror
Specialty:
dp
Last Updated:

環境

  • ONTAP 9
  • Data ONTAP 8 7-Mode
  • 7-Mode Transition Tool

コピーフリーの移行(CFT)は、ソースData ONTAP 7-ModeからデスティネーションONTAP クラスタへのシェルフの移行に使用されます

デスティネーションストレージシステムでONTAP 9以降が実行されている

ソースストレージシステムには、Data ONTAP 7-Mode 8.2より前に作成されたアグリゲートがあります

: 7MTT Copy Based Transition ( CBT )を使用しているお客様は、この問題の影響を受けません。

問題

CFT が完了すると、移行されたアグリゲートで次の問題が発生する可能性があります。

  1. clustered Data ONTAP から clustered Data ONTAP への SnapMirror 処理(初期化、再同期、更新など)は、移行された CFT アグリゲート上に SnapMirror/SnapVault のデスティネーションボリュームが存在する場合に失敗します。

    メモ:snapmirror audit次のエラーメッセージがファイルに表示されることもあります。

    'Sun Apr 24 22:37:06 AEST 2016 ResyncTransfer[Apr 24 22:36:47]:ac5048c9-09fa-11e6-9690-000e1e2a5fc0 Operation-Uuid=30d56896-0a19-11e6-9690-000e1e2a5fc0 Group=None Operation-Cookie=0 action=Defer source=src_svm:src_vol destination=dst_svm:dst_vol status=Failure message=Transferfailed.(Invalid transfer specified)'
     
  2. 移行後の CFT アグリゲートにデスティネーション・ボリュームが存在する場合、 vol move の処理は失敗します。

詳細1003600については、「バグ」を参照してください。

 

Scan to view the article on your device
CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support