メインコンテンツまでスキップ

NetApp_Insight_2020.png 

ONTAP 9.4 以降では、 SnapMirror 関係が転送中にハングします

Views:
12
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
snapmirror
Specialty:
dp
Last Updated:

のしんだ

に適用されます

  • ONTAP 9.4 以降
  • SnapMirror 

問題

SnapMirror 関係は、少量のデータを移動した後、転送状態でハングします。この問題は、次の条件をすべて満たしている場合に発生します。

  • SnapMirror ソースクラスタで ONTAP 9.4 以降が稼働している。
  • 問題が発生したときに、 SnapMirror ソースクラスタで SnapMirror グローバル複製スロットルが有効になりました。SnapMirror グローバル複製スロットルoptions replication.*は、ソースクラスタのコマンドを使用して表示できます。
  • この問題は、特定の SnapMirror ソースノードに影響します。ハングしている SnapMirrors には特定のソースノードが共通している可能性がありますが、同じクラスタ内の他のソースノードからの SnapMirrors は正常に動作している可能性があります。場合によっては、クラスタ内のすべてのソースノードが影響を受けることがあります。

SnapMirror ソースノードの EMS ログにin /etc/log/EMSは、次のようなメッセージが表示されます。

Tue May 01 00:00:00 [ClusterA-01: repl_Handle_reg: repl.xfer.term.timed.out:error]: A component of a replication transfer with destination volume DSID '1234' or SnapMirror(R) tape ndmp session '' is taking a long time to terminate since it is busy performing some operation.


にある SnapMirror ソースノードの sktrace ログ/etc/log/mlog/sktrace.logに、次のようなメッセージが表示されます。

2019-05-01T00:00:00Z 34159448880650904 [5:0] REPL_0: repl_sender::NodeFactory::abortOrphanSenderNodes(): | Clearing orphan sender node with transfer uniq: 012345678-0123-0123-0123-0123456789ab

この KB のソリューションを適用する前に、上記のすべての条件が満たされていること、および一致するエラーメッセージが検出されていることを確認してください。さまざまな方法で明らかになっている多くの問題があるため、 SnapMirror がハングしているように見えることがあります。同様の問題が発生しても原因が不明な場合は、ネットアップのテクニカルサポートに問い合わせてください。

 

 

CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support