メインコンテンツまでスキップ

Solaris ホストでは、 SnapMirror Business Continuity ( SM-BC )構成での推奨設定がサポートされます

環境

  • Solaris 11.4 ( SnapMirror によるビジネス継続性)( SM-BC )
  • Solaris SPARC および x86_64 プラットフォーム
  • ONTAP 9.9.1 以降

問題

SM-BC Automatic Unplanned Site Failover ( AUFO )ワークフローがデフォルトの Solaris OS 設定を使用して実行されたあとに、 Solaris ホストで IO エラー / 停止が発生する可能性があります

制限事項

  • SM-BC は、クラスタ / サイトの災害時にもビジネス継続性を確保します。災害シナリオでは、プライマリクラスタをホストしているサイトで障害が発生すると、ホストマルチパスソフトウェアによって、プライマリクラスタを経由するすべてのパスがダウンとしてマークされ、サイトフェイルオーバーの一環として、セカンダリクラスタパス経由で I/O が再開されます。
  • 災害が発生した場合、同じ LUN へのさまざまなパスの SCSI フェイルオーバー特性( ALUA )が、 Active Optimized ( AO )と Active Non-Optimized ( ANO )の間で切り替わります。
  • Solaris OS のデフォルト設定では、 SCSI フェイルオーバー特性に変更があった場合、 Solaris Multipathing ( MPxIO / scsi_vhci )でパスを列挙できません。理想的には、以前のプロファイルパスの特性が変更された場合に、すべてのパスを再度プローブして確認する必要があります。代わりに、ハード I/O エラーが発生します。
  • /var/adm/messages に表示されるメッセージの例を次に示します。

Jul 31 xx:xx:xx host-A scsi_vhci: [ID 721035 kern.warning] WARNING: scsi_vhci: failover contradiction: 'f_tpgs'.vs.'f_tpgs': path /pci@400/pci@1/pci@0/pci@0/fibre-channel@0,1/fp@0,0/disk@w200300a098dfd69d,0

 

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

Scan to view the article on your device