メインコンテンツまでスキップ

NetApp wins prestigious Coveo Relevance Pinnacle Award. Learn more!

INSIGHT Japan :2023年 1月25日(水)ANAインターコンチネンタルホテル開催 へ参加・申込を行う

ファンアウトトポロジでのタイプ XDP SnapMirror 転送は想定よりも低速です

Views:
22
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
snapmirror
Specialty:
dp
Last Updated:

環境

  • ONTAP 9.1-9.5P3
  • SnapMirror ソースノードにファンアウト SnapMirror 関係があります

問題

  • SnapMirror ソースノードには、ファンアウトよりも低速の SnapMirror 関係と、同じソースノードからファンアウトの高速な SnapMirror 関係が 1 つ以上あります。
  • 場合によっては、より低速な SnapMirror 関係の 1 つ以上で、より高速な SnapMirror 関係によって達成されるスループットをスロットルすることがあります。
    • 低速な SnapMirror が中止された場合、またはアイドル状態になっていた場合は、高速な SnapMirror 関係が想定速度に戻ります。
    • 注:
      • この KB は、同一ソース・ノードから同時に転送される低速 SnapMirror によって高速 SnapMirror が調整される場合にのみ適用されます。
      • このような場合には、低速の SnapMirror が中止されたときや転送が行われなかったときに、予測された速度で高速の SnapMirror が実行されます。
  • たとえば、 SnapMirror ソースノードのクラスタ間 SnapMirror 関係で WAN リンクを介して 15MB/ 秒のスループットを実現しているとします
    • この同じ SnapMirror ソースノードにも、 10Gbps のクラスタインターコネクト経由でレプリケートされるクラスタ内 SnapMirror 関係があり、 100MB/s のスループットを実現します 
    • 低速のクラスタ間 SnapMirror の転送中は、クラスタ内 SnapMirror の速度が最大で 15~20MB / 秒に低下します
    • 低速のクラスタ間 SnapMirror を中止すると、高速のクラスタ内 SnapMirror で、想定される 100MB/s のスループットまでピックアップされます。

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

Scan to view the article on your device