メインコンテンツまでスキップ

ONTAP の SnapMirror 関係のステータスと SnapMirror の状態の意味は何ですか。

Views:
628
Visibility:
Public
Votes:
1
Category:
snapmirror
Specialty:
dp
Last Updated:

環境

  • ONTAP 9
  • Data ONTAP 7-Mode
  • SnapMirror – DP および XDP

回答

  • 以下の SnapMirror の状態と関係のステータスは、 7-Mode と clustered Data ONTAP の両方に共通です。
  • Data ONTAP コマンドラインから次の情報にアクセスして表示できます。

7-mode :
snapmirror status -l
clustered :
snapmirror show -instance 

SnapMirror 関係のステータス

関係の状態  意味 メモ
アイドル 実行中の転送処理はなく、以降の転送は無効になりません。 これは通常の状態であり、対処は必要ありません。
キュー登録済み 転送処理が承認されてシステムのキューに登録されました。以降の転送は無効になりません  
転送中 転送処理を実行中で、以降の転送は無効になりません。 snapmirror abort を使用して、実行中の転送を停止することができます。ミラーが正常な状態でなく、アイドル状態に戻ります。
準備中 差分転送の転送前のフェーズ。SnapMirror タイプと XDP 関係の場合のみ。 これはシステムプロセスです。準備に時間がかかりすぎている関係がある場合は、サポートチームに連絡してサポートを依頼してください。
最終処理中 差分転送の転送後のフェーズ。主にデスティネーションボリュームで処理が行われるため、ネットワークトラフィックが少なくなります。SnapMirror タイプと XDP 関係の場合のみ。 これはシステムプロセスです。関係に時間がかかりすぎている場合は、サポートチームに連絡してサポートを依頼してください。
中止中 チェックポイントの削除を含む可能性のある転送の中止処理が進行中です。以降の転送は無効になりません。「 Relationship capability 」が「 8.2 and above 」の関係のみが該当します。  
休止 実行中の転送処理はなく、以降の転送は無効になります。 SnapMirror 再開機能を使用して、スケジュールされた更新を再開できます。
休止中 転送処理を実行中で、以降の転送は無効になっています。 バックアップ関係の休止には時間がかかることがありますが、時間がかかる場合はサポートチームにお問い合わせください。
確認中 デスティネーションボリュームの診断チェックを実行中で、実行中の転送はなく、以降の転送は無効になりません。「 8.2 より前」の「関係機能」を使用する関係のみが対象です。 これはシステムプロセスです。バックアップ関係でチェックに時間がかかりすぎている場合は、サポートチームにお問い合わせください。
解除 SnapMirror 関係を解除しています。実行中の転送はありません。 これはシステムプロセスです。ボールト関係に時間がかかりすぎている場合は、サポートチームに連絡してサポートを依頼してください。

SnapMirror のミラー状態  
ミラーの状態 意味
未初期化 デスティネーションボリュームが
初期化されていません。
これは、関係の作成時のデフォルトの状態です。初期化が正常に完了するまで、ミラーには初期化されていないと表示されます。
SnapMirror 済み デスティネーションボリューム
が初期化され、 SnapMirror 更新を受信できる状態になりました。
 
Broken-off デスティネーションボリュームは RW 、 Snapshot が存在します。 関係を解除すると、その関係が読み取り / 書き込み可能になり、通常のボリュームと同様に使用できるようになります。ボリュームを SnapMirror 済みの状態に戻すには、 snapmirror resync コマンドを使用する必要があります。これは、共通の Snapshot がある関係に依存します。ない場合、ソースボリュームを再保護する必要があります。

 

追加情報

AdditionalInformation_Text

 

Scan to view the article on your device