メインコンテンツまでスキップ
Effective December 3 - NetApp adopts Microsoft’s Business-to-Customer (B2C) identity management to simplify and provide secure access to NetApp resources. For accounts that did not pre-register (prior to Dec 3) access to your NetApp data may take up to 1 hour as your legacy NSS ID is synchronized to the new B2C identity. To learn more, Read the FAQ and Watch the video.

ONTAP 9 を使用したクラスタ間 SnapMirror のファイアウォール要件を教えてください。

Views:
298
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
snapmirror
Specialty:
dp
Last Updated:

すべてのとおり  

環境

  • ONTAP 9
  • clustered Data ONTAP
  • インタークラスタSnapMirror

回答

クラスタ間レプリケーションのすべてのソースノードとデスティネーションノード間のクラスタ間ネットワークで、次の TCP ポートを開きます。

  • ポート10000
  • ポート11104
  • ポート11105

: clustered Data ONTAP は、ポート 11104 を使用してクラスタ間通信を管理し、ポート 11105 を使用してデータを転送します。

追加情報

要件の詳細については、次のドキュメントを参照してください。

クラスタ ピアの前提条件