メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

SnapMirror/SnapVault の「 LAG 」とは何を意味しますか。

Views:
181
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
snapmirror
Specialty:
dp
Last Updated:

すべてのとおり  

環境

  • ONTAP 9
  • Data ONTAP 8 7-Mode

回答

  • SnapMirror 関係または SnapVault 関係の遅延時間は、次のように計算します。
    • Snapshot のタイムスタンプ
    • デスティネーションシステムの時刻
    • Snapshot の転送に要する時間 ソースからデスティネーションへ
  • 「遅延」という用語は一般にパフォーマンスに関連しており、遅延は前回の更新成功後の経過時間であると一般的に認識されています
  • これは完全には誤りではありませんが、他の 2 つの要因を考慮していません。
    • ソースストレージコントローラとデスティネーションストレージコントローラの、クロックとタイムゾーンに基づく時間
    • 転送の期間
  • ファイルシステムとスナップショットのタイムスタンプが決定されるため、ソースとデスティネーションの時刻は重要です。
    • 時刻が正しく設定されていないと、タイムスタンプが不正確になります  
    • 遅延は Snapshot のタイムスタンプに基づいて計算されるため、時間が正しくないと遅延は修正されません  
  • レプリケーションの性質上、転送時間も見落とされます
    • 遅延は 、転送が開始および完了した時間に基づいて測定されるわけではありません
    • 遅延は、ソースで Snapshot が作成された時刻と転送時間を足したものです
  • 次の SnapMirror のシナリオを検討してください。
    ソース  デスティネーション
    コントローラ: vol_1 コントローラ B : vol_1_mir
  1. スケジュールされたアップデートは午後 12 時に開始されます
  2. ソースボリュームで SnapMirror Snapshot が作成され、転送が開始されます 
  3. 転送が完了するまでに 45 分かかります
  4. デスティネーションシステムの時刻は午後 12 時 46 分になります
  5. 転送は 1 分前に完了しました

手順 5 で 測定した場合、遅延は 46 分になります。理由は次のとおりです。

  • ソースで Snapshot が作成されてから 46 分が経過した
  • Snapshot がデスティネーションに正常に転送されてから 46 分が経過しました
  • 宛先では、 LAG は次の差を検出して計算されます。
    • Snapshot 作成のタイムスタンプ
    • デスティネーションストレージコントローラのクロックに基づく、デスティネーションの時刻 
    • デスティネーションまたはソースで時刻が正しく設定されていないと、遅延時間は正しくありません
  • ここでは、次のシナリオについて考えてみます。
    プライマリ セカンダリ
    CIFS_SVM : vol_1 cifs_dr : vol_1_dr
  1. vol_1 の Snapshot ポリシーに基づいて、午後 5 時に Snapshot が作成されます
  2. Snapshot は、 snapmirror-label sv_daily を使用して作成されます
  3. 午前 1 時に、 sv_daily というラベルの Snapshot をレプリケートするようにスケジュール設定された SnapMirror 更新がトリガーされます
  4. 転送が完了するまでに 30 分かかります

このシナリオの遅延は 8 時間 30 分です。理由は次のとおりです。

  • スケジュールされた SnapMirror 更新の時点で、 Snapshot が作成されて sv_daily というラベルが設定された 8 時間が経過しました
  • ソースからデスティネーションに Snapshot を転送しました 30 分

要約

  • LAG は、 Snapshot のタイムスタンプとの違いです デスティネーションシステムの時刻です
  • LAG には、の転送に必要な時間が含まれます ソースからデスティネーションへの Snapshot
  • Snapshot のタイムスタンプと転送時間の関係でを検証すると、「長い」遅延時間が正常であることがよくわかります

追加情報

 

 

Scan to view the article on your device