メインコンテンツまでスキップ

SnapMirror 、 SnapVault 、 OSSV のパフォーマンスの問題をトラブルシューティングする方法を教えてください。

Views:
162
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
snapmirror
Specialty:
dp
Last Updated:

すべてのとおり  

に適用されます

  • Data ONTAP 7 以前 
  • SnapMirror
  • SnapVault
  • Open Systems SnapVault 

回答

SnapMirror 、 SnapVault 、 OSSV のパフォーマンスの問題のトラブルシューティングには、次の方法が役立ちます。

パフォーマンスの問題の主な原因は次のとおりです。

  • オーバーロード SnapMirror / SnapVault の実装。
  • 最適でないスペースとデータレイアウトの管理。
  • システムリソースの使用率が高い( CPU % ユーティリティ、ディスク I/O 、 Common Internet File System Protocol ( CIFS ) / Network File System ( NFS )接続 / トランザクションなど)。
  • ネットワーク帯域幅が低い。

症状は次のとおりです。

  • 初期化または転送の更新が遅れています。そのため、遅延は予想を超えており、転送期間がサービスレベル契約( SLA )を満たしていません。
  • 転送時間は SLA を満たしていますが、スループットは低くなります。

/etc/snapmirror.confまたはからsnapvault snap sched、期待される遅延を定義します( = スケジュールされた 2 つのアップデート間の予想時間)。
snapmirror status –lその後、またはsnapvault status –lの出力を調べて、ミラーの実装をヘリコプターで確認します。

  • 何台のシステムが関与していますか。
  • アクティブなミラー / バックアップサービスの数はいくつですか。
  • 同時にソースとデスティネーションのシステムはどれですか。
  • ソースシステムとデスティネーションシステムごとにいくつの関係が設定されていますか。
  • 転送遅延を記録し、最後の転送が成功した日時を定義します。
  • SnapMirror ログと syslog メッセージを分析して、最後に正常に転送が完了した日時(要求が送信された日時、開始された日時、終了した日時)を追跡します。エラーはありますか?

推奨

  • ほぼ同じ転送時間を要するすべての関係を同じボリュームに保持してください。
  • デスティネーションに複数のボリュームを作成し、それぞれのプライマリサイズと転送要件を設定します。
  • SnapMirror または SnapVault の転送スケジュールをずらして、ターゲットへのリソースの影響を軽減します。たとえば、 1 時間に 4 回の転送が必要な場合は、開始時間を 15 分間隔で空けます。
  • 1 分あたりの SnapMirror 更新のスケジュール設定は推奨されません。snapmirror.conf[Schedule Minute (スケジュール分) ] フィールドをオンにします(このフィールドに * が表示されている場合は、更新リクエストが 1 分ごとにトリガーされます)。重要なデータの同期バックアップが必要な場合は、 1 分あたりにスケジュールされた非同期 SnapMirror ではなく、同期 SnapMirror を使用するのが最適なサービスです。
  • すべてのミラー / バックアップアクティブサービスの Snapshot 作成スケジュールが重複していないことを確認します。可能な場合は、スケジュールされた通常のボリューム Snapshot コピーとは異なる時刻に転送をスケジュールします。
  • トラディショナル・ボリュームの場合、 SnapMirror は、ソース・ボリュームとデスティネーション・ボリューム間でディスクのサイズ / タイプと RAID グループのサイズが同じであることを保証します。
  • /etc/snapmirror.confkbs 引数を使用して、ファイル内の転送の帯域幅を抑制します。
    • デフォルト設定では、転送のスロットルは行われません。
    • スロットルは、ミラー関係が多数ある高速 LAN では特に重要です。

スペースには細心の注意を払ってください

OSSV プライマリインストールパーティションのスペースが不足すると、エラーでアップデートが失敗します Failed to sort inode records Database, Temporary and Trace directories have 0% space left (5Mb)

  • ソースボリュームとデスティネーションボリュームに十分なスペースがありますか?df(ボリュームあたりの空きスペースを表示するには、コマンドを使用します)。
  • ボリュームがいっぱいになると、 Snapshot の作成も失敗することがあります。

    フレキシブルボリュームの場合は
    、トラディショナルボリュームのボリュームサイズを大きくし、ボリュームにディスク(最小 3 )を追加します

    • ロック解除された不要な Snapshot を削除し
    • snap reclaimable コマンドを使用すると、 Snapshot を削除して再利用できるスペースの量を表示できます
  • OFM ( W2K&NT )を使用している場合は、バックアップ対象のファイルシステムのディスクスペースが少なくとも 15% 確保されていることを確認してください。
  • OSSV クライアントのディスク容量が十分であることを確認してください。
    • Run estimator before each backupOSSV 2.2 から利用できる機能を有効にします。
    • ヘルスCheck Utilityまたはsvinstallcheckを実行することもできます。データベースと tmp パーティションの空きスペースを計算して表示します。
    • 特に、 Block-Level Increment ( BLI )が使用されている場合は、 OSSV のリリースノートを参照して、必要なディスク容量と消費量を確認してください。
    • この問題を解決するには、 OSSV データベース、一時ディレクトリ、およびトレースディレクトリを含むパーティションのスペースを増やします。パーティションのサイズを増やすことができない場合は、空き領域が多い場所にディレクトリを移動します。これらのディレクトリを移動する場合は、 svConfigurator の General タブのパスを更新してから、 Windows サーバで OSSV サービスを停止して再起動する必要があります。

システムリソースの使用率

システムリソースの使用率が高いと( CPU % ユーティリティ、ディスク I/O 、 CIFS / NFS 接続 / トランザクションなど)、転送スループットが低下することがあります。

  • 次のコマンドの出力を収集して分析します。
  • perfstat 送信元と宛先からの出力(これstatitsysstat により、追加と出力も行われます)。
  • statit sysstat -m 転送がオンのときに、ソースとデスティネーションの両方で出力されます。
  • ネットワークの詳細(その他のジョブ、帯域幅、障害、予想されるスループット、スロットリングが設定されている)。

一般SnapMirror / SnapVault の問題と解決策の上位 10 件的な SnapMirror/SnapVault の問題については、 KB: Top 10 SnapMirror/SnapVault issues and Solutions を参照してください。

追加情報

N/A

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

Scan to view the article on your device