メインコンテンツまでスキップ

どの Snapshot が自動的に削除され、どの Snapshot が使用中になると想定されていますか。

Views:
30
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
snapmirror
Specialty:
dp
Last Updated:

に適用されます

  • SnapMirror
  • SnapVault

回答

使用中の Snapshot を削除する必要がありますか。

自動的に削除される Snapshot はどれですか。

  • SnapMirror は最新の Snapshot のみを保持し、次の更新が正常に完了するとすぐに以前の Snapshot を削除します。
  • SnapVault と通常のボリューム Snapshot は、スケジュールに設定された Snapshot 保持値に従って削除されます。

 

自動的に削除されない Snapshot はどれですか。

  • SnapMirror resync 、 SnapVault restore 、 Snap restore 、 dump 、 volcopy 、および ndmpcopy によって作成された Snapshot は、自動的に削除されません。

 

どのスナップショットがビジー状態になると予測されていますか。

  • qtree SnapMirror ( QSM )と SnapVault は、次の増分更新に必要なため、デスティネーションで最後に作成された Snapshot をロックします。ソースでは、スナップショットはそのスナップショットを作成したサービスによって所有されますが、ロックされません。
  • Volume SnapMirror ( VSM )の場合、 SnapMirror 更新中は、すべての Snapshot が転送されるため、ソースボリューム上のすべての Snapshot が「 busy 」とマークされることに注意してください。VSM の更新が完了すると、ボリュームのスナップショットからビジーステータスが自動的にクリアされます。

    Once the transfer has completed the snapshot will go back into a "snapmirror" state. The first snapshot from the snapmirror relationship will then be deleted. Any snapshot that was also held as "busy" because of the transfer will be released.

    For example
     

    Volume testvol1
    working...

    %/used %/total date name
    ---------- ---------- ------------ --------
    0% ( 0%) 0% ( 0%) Apr 16 10:33 f840-ca3(0033583371)_dstsm.31 (busy,snapmirror)
    0% ( 0%) 0% ( 0%) Apr 16 10:33 test1 (busy)
    1% ( 0%) 0% ( 0%) Apr 16 10:31 f840-ca3(0033583371)_dstsm.30 (busy,snapmirror)

    f840-ca1> snapmirror status
    Snapmirror is on.
    Source Destination State Lag Status

    f840-ca1:testvol1 f840-ca3:dstsm Source 00:02:10 Transferring (136 KB done)

    f840-ca1> snap list testvol1
    Volume testvol1
    working...

    %/used %/total date name
    ---------- ---------- ------------ --------
    0% ( 0%) 0% ( 0%) Apr 16 10:33 f840-ca3(0033583371)_dstsm.31 (snapmirror)
    0% ( 0%) 0% ( 0%) Apr 16 10:33 test1

  • また、 NDMP バックアップまたはダンプで Snapshot が使用されている場合、その Snapshot には「( busy 、 backup [#] 、 snapmirror )」というマークが付けられます。バックアップが完了するか、バックアップが終了すると、ビジーステータスは自動的にクリアされます。バックアップが Snapshot を使用しているかどうかを確認するには、「 backup status 」コマンドを実行します。

  • LUN またはボリュームのクローン、 CIFS 共有、 RAID ミラーリングなどを実行すると、それぞれの Snapshot がロックされます。

    :「 KB : Snapshot がビジーである」を参照してください。 

  • Data ONTAP 7.3 以降では、 SnapMirror 転送に失敗することなく FlexClones を SnapMirror デスティネーションから構築できるようにする機能が追加されています。ただし、 Data ONTAP 7.3 より前のバージョンでは、 FlexClone は SnapMirror Snapshot をロックします。 SnapMirror ボリュームのクローニングは可能ですが、 SnapMirror デスティネーションのクローンによって、クローンの作成元の Snapshot コピーがロックされることに注意する必要があります。また、ソース・ボリューム内のコピーと、カスケード内のすべてのボリューム(ボリュームが SnapMirror カスケードの一部である場合)のコピーもロックされます。また、 FlexClone ボリュームがデスティネーションボリュームの Snapshot コピーから作成され、最新のコピーではない場合は、 したがって、 Snapshot コピーはロックダウンされています。その Snapshot コピーがソース・ボリュームに存在しなくなった場合は、すべての更新でデスティネーション上のコピーを削除する必要があります。この場合、クローンが破棄またはスプリットされるまで、デスティネーションボリュームへの SnapMirror 更新はすべて失敗します。SnapMirror デスティネーション内の最新の Snapshot コピーからクローンを作成した場合は、そのコピーがソースボリュームに残っているため、この問題は発生しません。

 

Use snap list -b vol_name command to define which service owns a Snapshot: The "-b" option is available in Data ONTAP 7.0.2 and later. The first column lists all the Snapshots in a volume. The second column lists owners of the Snapshot, if it is busy. If the Snapshot is not busy, no owners are reported.

system>snap list -b vol1
Volume vol1 working...
name                                 owners
-----------                          -----------
snap1                                LUN clone
clone_vclone.1                       volume clone
system(0033604314)_vol1_q1-dst.2     snapmirror


When a snap delete is attempted on a busy Snapshot, the output is a similar list of owners of the Snapshot, failing the snap delete. For example:

System>snap delete -a vol1
Are you sure you want to delete all snapshots for volume vol1?
Y snap delete -a: Remaining snapshots are currently in use by dump, snap restore, SnapMirror, a CIFS share, RAID mirroring, LUNs or retained by SnapLock.
Please try to delete remaining snapshots later.
System>snap delete vol1 system(0033604314)_vol1_q1-dst.2        
Snapshot system(0033604314)_vol1_q1-dst.2 is busy because of snapmirror

追加情報

AdditionalInformation_Text