メインコンテンツまでスキップ

NetApp_Insight_2020.png 

Snap Creator とは

Views:
15
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
snap-creator-framework
Specialty:
snapx
Last Updated:

に適用されます

Snap Creator

回答

NetApp Snap Creator Framework は、 OS に依存しないソフトウェアで、 NetApp のデータ保護テクノロジと統合して、カスタマイズしたアプリケーションのストレージ管理を実現します。
Snap Creator フレームワークは、実績のある NetApp テクノロジを活用して、単一のインターフェイスで複数のアプリケーションをサポートします。

  • データ保護: NetApp Snap Creator フレームワークは、重要な情報をバックアップするための一貫性のある一元化されたソリューションを提供することで、管理者や開発者のニーズと課題に対処します。既存のアプリケーションアーキテクチャと統合されているため、コストを削減し、 ROI を向上させることができます。
  • OS に依存しない:ネットアップの設計アプローチは、 OS に依存しない機能を提供し、相互運用性の問題を管理する必要性を軽減します。
  • 拡張性: Snap Creator は、迅速な統合とストレージの抽象化を実現し、ネットアップのポリシーベースの自動化機能を活用して、現在および将来のアプリケーションニーズに対応します。

Snap Creator Framework には、 Oracle® 、 MySQL 、 DB2 などの一般的なサードパーティアプリケーションとネットアップの機能を統合するプラグインが用意されています。サポート対象外の特殊なアプリケーションがある場合は、問題はありません。Snap Creator フレームワークを使用すると、お客様のプラグインを開発して、既存のサポート対象外のアプリケーションのバックアップ手順を提供できます。

SNAP CREATOR

NetApp Snap Creator Framework データシート

Snap Creator の用途
Snap Creator は、ほぼすべてのアプリケーションを NetApp Snapshot テクノロジと統合するためのバックアップフレームワークです。アプリケーションはプラグインを介して統合されます。SnapManager 製品を使用できない場合は、 Snap Creator を使用して、バックアップ、リストア、クローニングのソリューションをお客様に提供する必要があります。

サポートされているオペレーティングシステム
Snap Creator は Perl と Java で記述されているため、プラットフォームに依存せず、オープンシステムのオペレーティングシステムもサポートされています。公式サポートの詳細[1]については、 IMT を参照してください。

Snap Creator の機能
Snap Creator には次の機能があります。

  • Oracle 、 DB2 、 MySQL 、 Domino 、 Sybase ASE 、 VMware 、 SME 、および SMSQL 用のサポートされるプラグイン
  • Windows ( x32 ビット)、 RedHat ( x32 ビット)、 SUSE ( x32 ビット)、 HP-UX ( PA-RISC/Itanium )、 AIX 、 Solaris ( SPARC/x86 )をサポート
  • Data ONTAP 8 との互換性( 7-Mode )
  • NetApp Web Framework ( NWF )上のブラウザベースの GUI
  • GUI バックアップスケジューラ
  • SnapDrive との統合
  • Storage Controller SnapVault スケジューラとの統合
  • ZAPI を使用した次のネットアップテクノロジとの統合:
    • Snapshot
    • SnapVault
    • SnapMirror
    • LUNクローニング
    • ボリューム クローニング
    • igroupのマッピング
  • オープン・システム環境で実行されるアプリケーションまたはデータベースとの統合(アプリケーション・バックアップ・スクリプトまたはプラグイン・モジュールが存在しない場合は記述できます)
  • NetBackup™ 、 CommVault 、または CLI コマンドを使用した任意のバックアップソフトウェアとの統合
  • 保持が異なる複数の Snapshot または SnapVault ポリシーを設定できます
  • Snapshot と SnapVault の両方のポリシーは、 Snap Creator で管理します
  • 複数のボリュームおよびストレージコントローラ間で Snapshot コピーと SnapVault 保持を作成および管理できます
  • ボリュームおよび qtree SnapMirror のサポート
  • FAS® および vFiler ユニットのサポート
  • 整合性グループのサポート(複数のボリュームまたはアプライアンス間で整合性のある Snapshot コピーを作成)
  • 1 対 1 、ファンイン、ファンアウトの SnapMirror または SnapVault 関係をサポート
  • カスケード SnapMirror Snapshot -> SnapVault -> SnapMirror のサポート
  • ユーザが独自のユーザ定義値を渡すことができるダイナミックコンフィギュレーションファイル
  • 詳細なエラーログと、電子メールやその他のツールを使用してエラーメッセージを送信する機能
  • Operations Manager との統合( Operations Manager でイベントを作成する機能)
  • Protection Manager との統合( SnapCreator バックアップは Protection Manager に登録可能)
  • Open Systems SnapVault ( OSSV )との統合
  • パスワードの暗号化をサポートしているため、クリアテキストパスワードは設定ファイルに保存されません
  • ボリューム、ファイル、 SnapVault のリストアをサポートしますが、アプリケーションを直接統合する必要はありません
  • 中央バックアップ管理用のエージェント
  • グローバル設定ファイル
  • Perl 、 Python 、 PowerShell などのさまざまなスクリプト言語のプラグイン開発をサポートする API 。

アプリケーションとデータベースのサポートについて教えてください。
Snap Creator Framework は、 VMware 、 Oracle 、 MySQL 、 Sybase 、 DB2 、 Lotus Notes をサポートしています。

Snap Creator と NetApp コントローラ / ストレージシステムとの通信方法を教えてください。
Snap Creator は ZAPI を使用するため、通信は HTTP または HTTPS 経由で行われます。 RSH または SSH はサポートされません。

Snap Creator のバイナリはありますか
はい。現在、 Snap Creator ディストリビューションには、 Linux ( Red Hat および SUSE )、 Windows 、 AIX 、 HP-UX 、 Solaris ( SPARC ) 32 ビットまたは 64 ビットバイナリが付属しています。

Snap Creator の要件

  • Data ONTAP 7.3.x
  • Data ONTAP 8.0.x
  • ボリュームクローニングには FlexClone ライセンスが必要です
  • リストアには Snap Restore ライセンスが必要です

Snap Creator プラグインとは
Snap Creator プラグインは、 Java 、 Perl 、シェルスクリプト、 PowerShell 、 C/C++ 、 Python など、ほぼすべての言語で記述できます。プラグインは、特定のアプリケーションの処理方法を Snap Creator に指示します。Snap Creator は、アプリケーションで何らかの処理を実行する必要がある場合、その要求をプラグインに送信します。

GUI はありますか。
はい。 Snap Creator の GUI は、 NetApp Web フレームワークに基づいています。GUI は必須ではありません。 Snap Creator 構成ファイルの作成と管理に役立つツールとして提供されています。

リストアについてはどうでしょうか。
リストアがサポートされています。これらはインタラクティブであり、ボリュームのリストアまたはファイルのリストアを実行できます。ほとんどのアプリケーションは自動的に処理されませんが、復元前と復元後のコマンドを使用して、カスタムスクリプトやコマンドを使用してアプリケーションを自動化できます。現在、アプリケーションリカバリを処理するプラグインは VMware と Lotus Domino のみです。

vFiler について
vFiler の完全なサポートを利用できます

Snap Creator は RBAC をサポートしていますか。
はい、これは ZAPI を使用することの強みの 1 つです。最小限の権限のみを持つ特別な Snap Creator ユーザーを作成することを強く推奨します。詳細[2][3]については、『 Snap Creator Administration Guide 』および『 Snap Creator Installation Guide 』を参照してください。

Snap Creator では、パスワードはクリアテキストで保存されますか。
デフォルトでは [ はい ] ですが、パスワードを暗号化してクリアテキストに保存しないようにすることもできます。詳細については、『 Snap Creator Installation Guide 』を参照してください。

Snap Creator の構成ファイルを作成する方法を教えてください。
最適な方法は、 GUI を使用することです。
デフォルトの設定ファイルはテンプレートとして使用する必要があり/snapcreator/configs/default/default.conf.
ます。テンプレートは、「 GUI を使用しない場合」にあります。デフォルトのテンプレートを目的の設定にコピーする/snapcreator/configs/mydir/myconf.conf.
だけで、 Snap Creator を呼び出して渡し--profile myconf、設定ファイルを使用するように Snap Creator に指示することができます(myconf.conf)。

Snap Creator 構成ごとに複数の構成ファイルがサポートされていますか
はい。 1 つの構成ディレクトリに複数の構成を作成できますが、 Snap Creator では一度に 1 つの構成しか使用できません。--profile <Profile> and --config <Config> options これを行うには、を一緒に使用します。

Snap Creator 構成ファイルに必要なパラメータは何ですか。
少なくとも、ボリューム上で Snapshot を実行するに
CONFIG_TYPE=STANDARD
SNAME=oracledb01
SNAP_TIMESTAMP_ONLY=Y
VOLUMES=filer1:vol1;filer2:vol2
NTAP_USERS=file1:user1/password;filer2:user2/password
LOG_NUM=10
NTAP_SNAPSHOT_RETENTIONS=daily:7,weekly:4,monthly:1
NTAP_PWD_PROTECTION=N
TRANSPORT=HTTP
PORT=80
LOG_NUM=30
LOG_TRACE_ENABLE=Y
SC_TMP_DIR=

は、次の設定が必要です。設定パラメータの詳細については、『 Snap Creator Administration and Installation Guide 』を参照してください。

ストレージシステムの短いホスト名または FQDN を入力しますか。
ストレージシステムの短いホスト名(ストレージシステムのコマンドプロンプトに表示されるホスト名)は、必ず FQDN ではなく使用してください。また、短いホスト名に対して ping を実行できることを確認します。必要に応じて、短いホスト名を hosts ファイルに追加します。短いホスト名を解決できず、 Snap Creator を実行でき'in Zapi::invoke, cannot connect to socketない場合は、「」エラーが表示されます。
Protection Manager 、 SnapVault 、および SnapMirror では、ホスト名が短いホスト名と一致しない場合にこのエラーが報告されます

データ保護

Snap Creator でバックアップされる情報
Snap Creator では、 1 つ以上のボリュームに Snapshot を作成して管理するため、ボリューム内のすべてのデータがバックアップされます。

複数のボリュームをバックアップできますか。
はい。 Snap Creator では、複数のストレージシステムにまたがる複数のボリュームのスナップショットを作成して管理できます。

整合グループはサポートされていますか。
はい。 1 つのストレージシステム上の複数のボリュームと複数のストレージシステム間の複数のボリュームで、整合性グループ( CG )がサポートされています。Snap Creatorcg-startcg-startscg-comitts は、すべてのストレージシステムでを実行します。が完了すると、すべてのストレージシステムで実行されます。

ZAPI の代わりに SnapDrive を使用して Snapshot を作成できますか。
はい。 Snap Creator は SnapDrive と統合されているため、 SnapDrive を使用して Snapshot を作成し、 Snap Creator で残りの作業を実行できます。SnapDrive と Snap Creator を併用する利点は、ファイルシステムの整合性が保たれることです。

Snapshot 名について教えてください。
Snapshot の命名規則_recentには、タイムスタンプという 2 つの規則があります。Snapshot 名は%SNAME_%SNAP_TYPE_recent 、( recent snapshot) または%SNAME_%SNAP_TYPE-timestamp( timestamp snapshot )のいずれYYYYMMDDHHMMSSかと呼ばれます。ここで、タイムスタンプはです。
SNAME 「」に設定し'oracledb01、スナップショットポリシー'dailyを定義するとoracledb01-daily_recent oracledb01-daily_20090130173000、スナップショットはまたはと呼ばれます。
_recent命名規則を使用しoracledb01-daily_20100425144055ている場合、最近の Snapshot の名前は、 Snapshot が作成されたときのタイムスタンプ(人間が判読可能)を使用して常に変更されます。名前の変更プロセス
%SNAME-%SNAP_TYPE は、新しい Snapshot が作成される前に実行されます。注意: Snap Creator で管理できるのは、一致する Snapshot のみです。

Snapshot ポリシーについて教えてください。
構成ごとに 1 つ以上のスナップショットポリシーを作成できます。各 Snapshot ポリシーでは、 Snapshot の数(プライマリ)を指定する必要があります。また、 SnapVault Snapshot (セカンダリ)を指定することもできます。さらに、 Snapshot が X 日よりも古い場合にのみ削除するように Snap Creator に指示することもできます。したがって、保持する Snapshot の数を設定し、保持する Snapshot の数に基づいて 2 回目のチェックを実行できます。Snap Creator を呼び出してポリシーを指定するに--policy <Policy>は、オプションを使用します。

SnapVault の統合方法
Snap Creator では SnapVault の統合が完了しており、ストレージシステムではスケジュールは使用されません。Snap Creator で SnapVault の保持を指定すると、 Snap Creator で SnapVault の更新、 SnapVault Snapshot の作成、 SnapVault Snapshot の管理を行うことができます。SnapVault 関係を作成するだけで、Snap Creator では、 SnapVault 関係は作成または管理されません。SnapVault の更新は、アプリケーションが通常モードに戻った後にも実行されるため、アプリケーションへの影響は最小限に抑えられます。Snap Creator は、指定した時間だけ SnapVault が終了するまで待機し、 SnapVault 転送が完了したかどうかを 1 分ごとにチェックします。

ボリュームから qtree への SnapVault はサポートされていますか。
はい。 Snap Creator を使用して、ボリューム(ソース)を qtree (デスティネーション)に SnapVault できます。

SnapMirror はどのように統合されますか。
Snap Creator では、 Snapshot の作成後に SnapMirror 更新を実行できます。Snap Creator では SnapMirror 関係が管理されないため、 SnapMirror 関係が存在することを確認する必要があります。

SnapMirror に制限はありますか。
qtree SnapMirror は動作しますが、 Snapshot は管理されないため、推奨されません

SnapVault と SnapMirror を混在させることはできますか。
はい。 SnapMirror と SnapVault をソースボリューム内で混在させることも、分離させることもできます。Snap Creator では、 SnapMirror と SnapVault の両方を同じバックアップ内で実行できます。

QSM と VSM の両方がサポートされていますか。
はい

SnapMirror のカスケード構成について教えてください。
SnapMirror のカスケード接続は、 SnapCreator v3.0 で完全にサポートされています。カスケード SnapMirror は、 SnapVault デスティネーション( Snapshot -> SnapVault -> SnapMirror )を SnapMirror する機能です。この場合、 Snap Creator は Snapshot を作成し、その Snapshot の SnapVault 転送を行い、 SnapVault Snapshot を作成してから、 SnapVault デスティネーションから SnapMirror 更新を実行します。

LUN とボリュームのクローニングはどのように統合されていますか。
Snap Creator では、ボリューム内のすべての LUN からオプションのボリュームまたは LUN クローンを作成できます。また、すべての LUN が、設定ファイルで定義した igroup にマッピングされます。LUN クローンにはという名前が付け<NAME>_CLONE<NAME>られます。ここで、は LUN の名前です。
ボリュームクローンには、cl_<NAME>_<TIMESTAMP><NAME><TIMESTAMP>YYYYMMDDhhmmss
という名前が付けられます。ここでは、ボリュームが呼び出され、 Snap Creator では、必要な数のボリュームクローンを作成できますが、 Snap Creator で使用できる LUN クローンは 1 つだけです。ボリュームクローンを使用することをお勧めします。 LUN クローンは、 LUN テープのバックアップに関連してのみ実行可能なソリューションです。
:ボリュームクローンには FlexClone ライセンスが必要です

Snap Creator は Protection Manager と統合されていますか。
はい。 SnapManager 製品と同様です。Snap Creator は、 Snapshot を作成し、その Snapshot の内容を Protection Manager に登録します。 Protection Manager は、 SnapMirror/SnapVault を実行できます。
これは、あらゆるアプリケーションを PM と統合できるため、非常に強力です。

Snap Creator のスケジュールを設定する方法を教えてください。
Snap Creator には、 GUI に組み込みのスケジューラがあります。または、 cron ( UNIX )または Windows タスクマネージャを使用できます

Snap Creator の実行方法
これは、実行する内容によって異なります。ただし、使用する構成がmyconf.confの下/path/to/snapcreator/configs/myconf/myconf.confmyconf.confにあるとします。で定義した「失敗」スナップショットポリシーを使用する場合は、 Snapshot を作成するだけで(クローニングを行わずに)、出力を表示する必要があります。このコマンドは次のようになります
./snapcreator --profile myconf --action snap --policy daily --verbose
。注:は--verbose オプションであり、テストやトラブルシューティングにのみ役立ちます。のバックアップレポートに保存されているすべての内容/snapcreator/logs/logname.outが画面に出力されます

Snap Creator の統合

PRE/POST コマンドとは何ですか。
Snap Creator では、バックアッププロセスの各フェーズでプレコマンドまたはポストコマンドを実行できます。スクリプトまたはコマンドを指定できます。pre コマンドと post コマンドのタイプPRE_EXIT_CMDは、それぞれ 1 ~ 9 の範囲で指定できます(を除く)。以下に、各種の説明を示します。

  • PREコマンド

PRE_APP_QUIESCE_CMD01 - には、 01 から 99 までの範囲で指定できます。これらのコマンド / スクリプトは、アプリケーションをバックアップモードにする前に実行さ
PRE_NTAP_CMD01 れます。には、 01 から 99 までの範囲で指定できます。これらのコマンド / スクリプトは、ネットアップのプロセスが実行される前に実行されます。有効な範囲は 01 から 99 まで
PRE_NTAP_CLONE_DELETE_CMD01 これらのコマンド / スクリプトは、クローンが削除される前に実行さ
PRE_APP_UNQUIESCE_CMD01
PRE_RESTORE_CMD01れます。使用できるコマンド / スクリプトの範囲は 01 ~ 99 です。これらのコマンド / スクリプトは、アプリケーションがバックアップモードから除外される前に実行されます。実行できる範囲は 01 ~ 99 です。 これらのコマンド / スクリプトはリストアの実行前
PRE_EXIT_CMD01 に実行されます。実行できるコマンドは 1 つだけです。このコマンド / スクリプトは、エラーが発生したときに実行されます

  • POSTコマンド

POST_APP_QUIESCE_CMD01 - 使用できる範囲は 01 ~ 99 です。これらのコマンド / スクリプトは、アプリケーションをバックアップモードにした後に実行されます
POST_NTAP_CMD01 。使用できる範囲は 01 ~ 99 です。 これらのコマンド / スクリプトは、ネットアップのすべてのプロセスが発生したあとに実行さ
POST_NTAP_DATA_TRANSFER_CMD01
POST_APP_UNQUIESCE_CMD01 れます。実行できるコマンド / スクリプトの範囲は、 01 ~ 99 です。これらのコマンド / スクリプトは、 SnapVault または SnapMirror 更新の実行後に 01 ~ 99 の範囲で実行されます。 これらのコマンド / スクリプトは、アプリケーションがバックアップモードから除外されたあと
POST_RESTORE_CMD01 に実行されます。有効な範囲は 01 ~ 99 です。これらのコマンド / スクリプトは、リストアの実行後に実行されます

たとえば、 Snapshot から作成されたクローン Snap Creator をマウントする場合は、マウントスクリプトまたは SnapDrive を呼び出すことができます。たとえば、 PRE コマンドPRE_NTAP_CLONE_DELETE_CMD01PRE_NTAP_CLONE_DELETE_CMD02,を使用してクローンを作成したあとにクローンをマウントする場合などです。を実行すると、 NetBackup などを呼び出してマウントポイントをバックアップできます。

Snap Creator 構成ファイルは動的ですか
設定ファイルで定義できる変数は静的ではなく、スクリプトが動的に実行されるときに設定されます。すべての動的な値は、「 % 」で始まります(例: %msg )。また、 1 つのユーザ定義値を渡すことで、さらに柔軟性を高めることもできます。使用可能な動的変数は次のとおりです。

%SNAP_TYPE - スナップショットスケジュール:日
%SNAP_TIME 単位、月単位など、スナップショットに関連付けられたエポックタイムスタンプ
%ACTION-sna。 p 、 -clone_vol-clone_lun-arch
%MSGまたは、使用したアクションに応じて、エラーメッセージを他の監視ツールや電子メールに送信するために使用します。これは、 sendtrap 関数でのみ使用できます。
%USER_DEFINED- ユーザ定義の引数をスクリプトに渡します

スナップショットやクローンの作成後、 Snap Creator で Symantec NetBackup や EMC Legato NetWorker を呼び出すことはできますか。
クローンを使用しPRE_NTAP_CLONE_DELETE_CMD01 PRE_NTAP_CLONE_DELETE_CMD02ている場合は、を使用してクローンをマウントし、を使用してバックアップソフトウェアを呼び出します。クローンを使用しない場合は、を使用してバックアップソフトウェアを呼び出します POST_NTAP_CMD01

アプリケーションをバックアップモードにするには、 Snap Creator プラグインのどこに電話すればよいですか。
コマンドまたはスクリプトを使用してアプリケーションをバックアップモードにするにはAPP_QUIESCE_CMD 、とを使用してバックアップモードを解除します。 app_unquiese_cmd を使用します

組み込みの Snap Creator モジュールを使用してアプリケーションをバックアップモードにするには、を使用します APP_NAME=<plug-in>

SnapDrive を使用して Snapshot を作成したいのですが、 SnapDrive コマンドはどこに入力しますか。
1 つ以上の SnapDrive コマンドNTAP_SNAPSHOT_CREATE_CMD01, NTAP_SNAPSHOT_CREATE_CMD02
%SNAME-%SNAP_TYPE_recent
%SNAME
を使用する場合は、次の config 設定を使用します。など注: Snapshot 名には、 config ファイルで指定した Snapshot の名前を使用します。任意の名前を使用できます。
%SNAP_TYPESnapshot ポリシー名。 daily 、 weekly 、 monthly 、 yearly などです。これNTAP_SNAPSHOT_RETENTIONS and NTAP_SNAPVAULT_RETENTIONS は、 Snap Creator の実行時に渡される値であり、構成ファイルので構成する値でもあります。

エラー処理 / レポート作成

使用可能なログまたはレポートの種類を教えてください。
ログには、デバッグログ、エラーログ、および出力レポートの 3 種類があります。

  • stderr ログは、コマンドまたはスクリプトの Snap Creator 呼び出しから stdout と stderr をキャプチャし、 ZAPI の戻りメッセージ(すべての pre/POST コマンドを含む)を取得します。デバッグログはで終わり.debugます。すべてのバックアップには、デバッグログとバックアップアウトレポートがあります。
  • エラーログは、 Snap Creator でエラーが発生するたびの履歴であるため、エラーが発生するたびにここに書き込まれて保存されます。エラーログはで終了.errorします。
  • 出力レポートは、特定のバックアップ中に Snap Creator が実行した詳細出力の記録です。OUT レポートはで終わり.outます。
  • デバッグログには、 verbose + debug+ trace が含まれます(有効な場合)。デバッグレポートは、デバッグで終了します。
  • デバッグログ、 stderr ログ、および出力レポートには、設定名とタイムスタンプが付けられているため、簡単に識別myconf.debug.<timestamp>できます  and myconf.out.<timestamp>

ログとレポートはどれくらいの期間保持されますか。
エラーログは上書きまたは削除されません。デバッグログ、 stderr ログ、および出力ログは、バックアップごとに存在し、保持する数をユーザ定義で指定します。デフォルトは 10 です。

Snap Creator は Operations Manager と統合されていますか。
はい。 Snap Creator では、失敗と成功の両方について Operations Manager イベントを作成できます

Snap Creator にエラーがある場合、どうすればわかりますか。
ここには多くのオプションがあります。エラーログを自分で監視したり、 Snap Creator で電子メールを送信したり、 Snap Creator で Tivoli にメッセージを送信したり、 CLI 入力を必要とするものを送信したり、 Snap Creator で Operations Manager イベントを作成したりできます。

通知のためにエラーを電子メールに送信できますか。
はい。 mailx または CLI 入力を受け入れる任意の電子メールクライアントを使用できます。

Snap Creator が正常に完了したら、メッセージを送信できますか。
はい。バックアップが成功すると、 E メール、 Operations Manager 、または CLI 入力を受け入れるすべてのメッセージを送信できます。

追加情報

AdditionalInformation_Text